1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 私が「きょうだいは一姫二太郎がいい」とは思わない理由|塩りさんの子育てエッセイ#1

私が「きょうだいは一姫二太郎がいい」とは思わない理由|塩りさんの子育てエッセイ#1

妊娠したり子どもが生まれたりしたとき、周りから「きょうだいは、一姫二太郎がよい」という言葉を、言われたことがある方はいるのではないでしょうか。今回は2人の女の子を育てている塩りさん家族の、「一姫二太郎」にまつわるエピソードをご紹介。「塩りさんの子育てエッセイ」第1話です。

登場人物

©ママリ

  • 塩り:ママ
  • 夫:パパ
  • おはぎ:2017年6月生まれ、長女
  • だいふく:2019年12月生まれ、次女

育児の大変さや子どものかわいさに、性別は関係ない

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

「女の子の方が育てやすい」や「きょうだいは一姫二太郎がよい」といった言葉を、耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

けれど実際に育児をしてみると、大変なことやつらいこと、わが子をいとしく思う瞬間は、性別関係なく誰しもが感じることです。塩りさんの言う通り、結局のところ、わが子だからイライラもするし、かわいくも思えるのです。

周りの言葉にはあまり振り回されずに、子育てを楽しんでいきましょう。

バックナンバーは下記よりご覧ください。

塩りさんの子育てエッセイ
バックナンバー

イラスト:塩り

おすすめ記事

「漫画」「エッセイ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧