1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 捕まえるなんてできない。体が動かなかった『旦那がチカンされた話』

捕まえるなんてできない。体が動かなかった『旦那がチカンされた話』

通勤や通学で電車を利用する人にとって最大の敵、痴漢。ミワカモ(@miwakamo_)さんも痴漢にあったその日、家に帰ってから号泣してしまいました。まだ夫とは結婚前で同せいしていた時期のことでした。男性にはなかなか伝わりにくいと思っていた痴漢被害の悔しさでしたが、実は過去に同じく痴漢被害に遭っていた彼の反応はとてもやさしいもので…。『旦那がチカンされた話』をダイジェストでご紹介します。

@miwakamo_

彼女が痴漢被害に遭った彼氏の対応

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

電車の中で痴漢にあったミワカモさん。彼氏と同せいする自宅に帰るなり号泣してしまいました。「痴漢にあったらつかまえてやる」と日ごろは思っていてもいざとなると恐怖心で固まってしまったり、思うように動けなかったりという経験がある女性もいるでしょう。

また、痴漢被害について話しても「気のせいじゃない?」とか「そんな服着ているからだよ」などと言う人がいるという話を見聞きすることもあるためちゅうちょしてしまうところ。しかし、ミカワモさんの彼はそのような言葉をかけることはなく、号泣するミカワモさんに寄り添い、気遣う対応をとってくれました。

とてもやさしい彼の態度ですが、実はこの態度の裏には、彼自身も過去に痴漢被害に遭ったという経験がありました。

彼にもチカン被害に遭った過去があった

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

彼が痴漢にあったのもやはり混雑した電車の中。彼がまだ学生時代のことでした。おしりに当たる手を最初は気のせいだと思った彼。しかし払いのけても繰り返し当たる手にこれは痴漢だと確信。

ただ、いざ捕まえるとなると自分が男であるからこその葛藤が心にうずまきます。「男なのに」「男のくせに」と言われるのでは、という周囲の目。そして学校に遅れたくないという気持ち。

悩んでいるうちにいなくなった痴漢。「こんなことは今日だけ」と割り切った彼でしたが、その後車両を変えてもドア付近に乗ることをやめても結局1か月半も彼は痴漢に狙われ続けました。

彼は被害者を責めるのは違うと言った

@miwakamo_

@miwakamo_

@miwakamo_

彼自身は電車利用をやめない限り痴漢被害から逃れられなかったようです。このため学校まで歩いていける距離の友人の家に長いこと泊めてもらうことで被害から逃げることができました。

その時は自分の身を守るために逃げるという対策を選んだ彼でしたが、この対策では他の人がターゲットになるのではないか、自分は男なのだから捕まえればよかったのではないかという別の葛藤にもさいなまれたとのこと。

痴漢はれっきとした犯罪なのに、世間には被害者が責められるような風潮が今もってあることも事実であり、声をあげることのむずかしさを彼は身をもって知りました。こうした体験が、ミワカモさんの痴漢被害にただ寄り添い、気持ちを理解できる彼のやさしさにつながっていたのです。

無くならない痴漢被害からわが子を守るには

その後、ミワカモさんと彼は痴漢被害について、どんな世の中になったらいいのかということを話し合います。痴漢の被害は痴漢の被害は自分だけでなく、子どもたちにも関わること。ミカワモさんたちが考える対策は自分の子どもを守るうえでも考えさせられるところがありますよ。気になる方はぜひ『旦那がチカンされた話』本編をごらんください。

うちの夫はチカン被害者|旦那がチカンされた話#1

関連記事:

うちの夫はチカン被害者|旦那がチカンされた話#1

ある日、帰りの電車で痴漢にあったミワカモ(@miwakamo_)さん。帰宅後、なぜ…

旦那がチカンされた話
バックナンバー
女子大のトイレに不審人物が!平和な日常に突如起きた大事件|女子トイレに覗き魔#1

関連記事:

女子大のトイレに不審人物が!平和な日常に突如起きた大事件|女子トイレに覗…

大学の休み時間、なにやら騒がしい廊下。不思議に思いながら、ぽちまる@育…

夢のマイホームに引越し後、ご近所さんから聞いた思わぬ話|何も盗まれなかった!?空き巣の手口#1

関連記事:

夢のマイホームに引越し後、ご近所さんから聞いた思わぬ話|何も盗まれなかっ…

ワーママとして2人の子どもの育児中のあおば(@ao_ba0524)さん。あるとき、知…

ミワカモ(@miwakamo_)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「通勤」「チカン」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧