1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. 芸能人・有名人
  4. はんにゃ・川島作「おひるねアート」がかわいい、講師の実力を発揮

はんにゃ・川島作「おひるねアート」がかわいい、講師の実力を発揮

寝転んだ赤ちゃんをいろいろなシチュエーションに見立てて撮影する「おひるねアート」をご存じでしょうか。ユニークでかわいらしいことから、SNSなどで投稿している方もいますね。お笑いコンビ・はんにゃの川島章良さんは、おひるねアート認定講師の資格を持っているそう。そんな川島さんが、娘のおひるねアートを撮影した写真をブログでお披露目していました。

©Ameba

外に出られない梅雨時も楽しい1枚に!『雨上がり』

はんにゃ・川島章良さんは、おひるねアート認定講師の資格を持っているそう。

上の写真は番組の企画で撮ったそうで、赤ちゃんモデルに協力してもらったとのことです。雨続きで外で遊べないときも、おひるねアートをしてみると気分が上がりそう。

色とりどりの虹を取り入れた構図がとてもきれいですね。さすがプロの腕前です。

空を飛ぶ描写も簡単

©Ameba

空を飛んでるきあちゃんです。
ホウキは100円ショップでホコリ叩きを買ってきてハンズで稲買って来てくっつけてホウキにしました。 ※1

ハロウィンの雰囲気あふれる写真も、おひるねアートなら構図が自由自在。

赤ちゃんが寝ている状態なので、まるで空を飛んでいるかのような構図も可能。川島さんは小道具も100円ショップで作ったそうですが、とても完成度の高い1枚になっています。

おひるねアートなら、背景と小道具でファンタジーな世界観を演出することができるのですね。

年賀状ショットも撮影

©Ameba

年賀状風ショットでは、「鏡もちきあちゃん」を撮影したそう。お正月感のある背景と文字がすてきですね。

背景を整えるのが大変そうですが、撮影時の赤ちゃんのポーズは気にせずに撮影できるセットです。

大人も楽しめる?おひるねアート

子どものいとおしい成長を写真に残せる「おひるねアート」。おうちの中で楽しめるので、なかなかお出かけできない時期に試してみるとよさそうです。

川島章良さんのブログでは、家庭生活やお仕事の話題が日々投稿されています。気になる方はのぞいてみてくださいね。

出典元:
はんにゃ川島、短冊にこめた切実な願い「なんでもしますよ」

関連記事:

はんにゃ川島、短冊にこめた切実な願い「なんでもしますよ」

お笑いコンビ・はんにゃのツッコミとして活躍する川島章良さん。アメーバブ…

「冷やし中華はじめました」ココリコ遠藤妻による爽やか初夏メニュー

関連記事:

「冷やし中華はじめました」ココリコ遠藤妻による爽やか初夏メニュー

梅雨になると、じめじめと蒸し暑い日が増えてきますね。なんとなく食欲もわ…

おすすめ記事

「はんにゃ」「おひるねアート」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧