1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. PTA「いじめはない」に絶望、女性による中学時代の体験漫画で知れる真実

PTA「いじめはない」に絶望、女性による中学時代の体験漫画で知れる真実

いじめは許されないことですが、どんな場所でも、どの年代でも起こりうるもの。多感な青春時代に受けたいじめは大人になっても忘れられませんよね。サヤカ@イラストエッセイ(@sawayakasayaya)さんが学生時代に経験したいじめを漫画にして公開しました。漫画『ある日登校したら筆箱に液体のりがぶちまけられていた話』の見どころをダイジェストでお伝えします。

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

ささいなきっかけで始まった嫌がらせ

漫画の主人公・サヤカは中学時代、いわれのない嫌がらせを受けます。その相手は小中一緒のミナミ。

原因とみられるできごとは、中学3年になってサヤカに他校の彼氏ができたこと。ミナミがその彼を気に入っていたため、サヤカが付き合い始めたことに腹を立てたようです。

サヤカと彼氏が付き合っている事実がミナミの耳に届いた翌日から、聞こえるように暴言を吐かれたり、SNSのコメント欄に中傷のコメントを残されたりするようになりました。

サヤカはミナミに対して何も悪いことをしていないのに、ミナミによる理不尽な嫌がらせが続いたそうです。

いじめの張本人の母親から「いじめはない」の言葉

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

いじめの主犯格であるミナミの母親はPTAの役員。ある日、学校行事の際に学校全体に対して、「いじめもなく明るく笑顔があふれる温かい校風」であるとスピーチをしました。

それを聞いたサヤカの表情は絶望したかのように無表情。そして、母親に対して、溺愛している娘がどんな卑劣なことをしているのか打ち明けたい気持ちで怒りがこみ上げます。

いじめを無視した末、さらなるできごとが

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

©sawayakasayaya

毎日のように暴言を吐かれ、SNSに悪口を書き込まれるも、いつかはおさまるはずと無視を決め込んでいたサヤカ。しかし、いじめはエスカレートし、ミナミはサヤカの友人にまで暴言を吐くように。

対処に困っていたある日、ロッカーを開けると、筆箱が液体のりでいっぱいに。そんなことをするのはミナミ以外に考えつかないサヤカ。怒り心頭に発して先生に相談するなどの対応をしますが、なかなか思うように対応してもらえません。

最終的には学年に嫌がらせの事実が知れ渡ることでミナミの嫌がらせはおさまり、中学卒業でミナミと自然に離れられますが、サヤカの心から嫌がらせで受けた傷が消えることはありません。

いじめた方にとっては「気に入らないからやった」という単純なものでも、やられた方は大人になっても一生忘れない悲しい経験になります。

主人公・サヤカを描いた作者のサヤカさんも、当時のことをこんなにも鮮明に覚えているのです。

いじめが与える傷について考えさせられる本作。子どもたちが過ごす学校からいじめがなくなることを願わずにはいられない作品です。

突然の嫌がらせが始まった|ある日登校したら筆箱に液体のりがぶちまけられていた話#1

関連記事:

突然の嫌がらせが始まった|ある日登校したら筆箱に液体のりがぶちまけられて…

学生時代にいじめを経験したサヤカ@イラストエッセイ(@sawayakasayaya)さん…

【全話読める】
ある日登校したら筆箱に液体のりがぶちまけられていた話
中学生時代、大好きな親友との思い出|思い出小話#1・2

関連記事:

中学生時代、大好きな親友との思い出|思い出小話#1・2

中学生になったばかりの芸子(@geiko_tumu)さんは、金髪で派手な見た目の亜美…

優しかったはずの上級生がある日突然、激変した。怖い!助けて|いじりといじめ#1

関連記事:

優しかったはずの上級生がある日突然、激変した。怖い!助けて|いじりといじ…

愛すべき宇宙人(@aisubekiutyu_jin)さんの息子は、3学年上の友だち・ミノル…

サヤカ@イラストエッセイ(@sawayakasayaya)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「いじめ」「中学生」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧