1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 【ダイソー】ハロウィーンのアドベントカレンダーがかわいすぎる!話題沸騰中

【ダイソー】ハロウィーンのアドベントカレンダーがかわいすぎる!話題沸騰中

ダイソーで買える「アドベントカレンダー(ハロウィン)」をゲットしましたか。自分で中身を入れて、毎日開けながらハロウィーンまでカウントダウンを楽しめるこのアイテム。「ダイソーで買えるなんてお得」とSNSでも話題沸騰です。この記事では、インスタグラムで100均の便利でかわいいアイテムを紹介しているごま(@gomagoma_yu)が、ダイソーの「アドベントカレンダー(ハロウィン)」を実際に作ってみたので、作り方や楽しみ方をご紹介します。お子さんと一緒に楽しめるアイテムです。

ⓒgomagoma_yu

アドベントカレンダーでハロウィーンまで楽しくカウントダウン

ダイソーで発売された「アドベントカレンダー(ハロウィン)」。「110円(税込)で買えるなんてお得すぎる」とSNSでも話題沸騰です。

このアイテムを組み立てて、自分の好みのお菓子や小物を入れると簡単にアドベントカレンダーを作ることができるんです。30マスタイプなので、10月1日から始めるとハロウィーン前日までカウントダウンをすることができます。毎日1つずつ箱を開けて、中身を楽しむのは子どもも喜びそうですよね。

今回、私ごまが、実際に作ってみました。作り方や楽しみ方を参考にしてみてくださいね。

子どもも一緒に作れる!作り方はとっても簡単

ⓒgomagoma_yu

ⓒgomagoma_yu

中身は本体と仕切り部分のパーツがセットになっています。パッケージ裏面の作り方に沿って作ればいいので、子どもと一緒に、簡単に作ることができます。

本体に仕切りをはめた後は、30個の仕切りの中にお菓子や小物を入れます。私は同じくダイソーで購入したキャンディを入れてみましたが、チョコレートを入れたり、アクセサリー等の小物を入れるのもおすすめです。

お菓子の入れ方を工夫してみよう!

ⓒgomagoma_yu

仕切りの中は割と大きめなので、キャンディが2つ入っている「あたり」の日を作ってみました。

逆に、空っぽの「はずれ」の日を作ったりして、アドベントカレンダーにいたずらしてみるのもハロウィーンっぽくて楽しいです。

30個の仕切りにお菓子や小物を入れて、本体のフタを閉じたら完成です。

大人も子どもも楽しい!実際に開けてみた

ⓒgomagoma_yu

実際に【1】の部分を開けてみました。中から詰めたお菓子が出てきて、とってもワクワクしました。

パパやママが作ったアドベントカレンダーをお子さんにプレゼントすれば、お子さんも喜ぶこと間違いなしです。ハロウィーン当日だけではなく、1か月前から当日まで秋のイベントを存分に楽しめそうなアイテムです。

飾ってもかわいいデザイン!早速作ってみて

ⓒgomagoma_yu

今回は、ダイソーの「アドベントカレンダー(ハロウィン)」を紹介しました。

30日前からアドベントカレンダーを楽しむのはもちろん、本体のハロウィーンの柄がとってもかわいいので、カウントダウンを始めるまでは飾っておいても良いですよね。

作る、飾る、開けると楽しめるアイテムが110円(税込)で買うことができるだけあって、現在大人気のようです。気になった方はダイソーのハロウィーンアイテム売り場を探してみてくださいね。

かわいすぎる【キャンドゥ】アドベントボックスでハロウィーン準備しよう

関連記事:

かわいすぎる【キャンドゥ】アドベントボックスでハロウィーン準備しよう

キャンドゥで買える「ハロウィーンアドベントボックス」をご存じですか。中…

【セリア】新作ハロウィーンアイテム、インテリア雑貨がかわいすぎる

関連記事:

【セリア】新作ハロウィーンアイテム、インテリア雑貨がかわいすぎる

夏が終わるとハロウィーンの季節。セリアでは今年もたくさんのハロウィーン…

スキルは必要なし!子どもの写真がいい感じになる加工アプリ紹介!

関連記事:

スキルは必要なし!子どもの写真がいい感じになる加工アプリ紹介!

どんどん大きくなる子どもの様子は、どの瞬間も写真に残しておきたいですよ…

ごま | 100均♡プチプラを楽しむママ(@gomagoma_yu)のインスタグラム

出典元:

おすすめ記事

「ダイソー」「アドベントカレンダー」「雑貨」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧