1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 家じゅうがにおいの「危険地帯」!つわりが想像を超えていた話

家じゅうがにおいの「危険地帯」!つわりが想像を超えていた話

皆さんはどのようなつわりがありましたか?見聞きしたことはあるけど、いざ自分がつわり体験すると全く違うものだったり、想像を超えていたりしたという方もいるでしょう。作者のシカ(@shika_heibon)さんもつわりに苦しめられた1人です。シカさんのつらいつわりの体験記『つわりが思ってたのと何かちがう』の見どころをご紹介します。

©shika_heibon

©shika_heibon

©shika_heibon

思っていたよりキツかった「つわり」

シカさんは、妊娠中にひどい「つわり」に悩まされたそう。

シカさんの場合、においつわりが特にきつかったそうで、日常にあふれているにおいに「何のにおいも嗅ぎたくない」と思ってしまうほど…。妊娠するまで想像もできないつわり。個人によってつらさも種類も違い、しかもその日によって症状も異なることがあり、対処が難しいものです…。

つらいのは食べ物のにおいだけじゃなかった…

©shika_heibon

©shika_heibon

©shika_heibon

つわりの症状はさまざまです。食べ物以外のにおいが気になる場合もありますよね。

お風呂の湯気に気持ち悪くなったというシカさんの体験に共感する方もいるのではないでしょうか。妊娠していないときは何ともなかったものだけに、実際にかいでみて「ウッ」となってから気づくのはつらいでしょう。

「生活自体が困難」と、このときの様子を言葉に表したシカさん。つわりを経験された方の中には、同じ状況だった方もいるかもしれません。筆者も妊娠中はまさにそんな状況でした。

つらかったつわりを経て、産まれた尊い命に感謝

©shika_heibon

つわりの症状は本当に人それぞれ、十人十色です。全く症状がなかった、という人もいればあまりに症状がひどく入院する場合だってあります。

つわりの有無、重さ軽さは関係なく、みんなそれぞれに妊娠生活を頑張っていますよね。

おなかの中で命を育てている妊婦さんの大変さを改めて感じさせてくれるエピソードでした。こんなにつらかったつわりを乗り越え、出産を迎えられたシカさん。本当にお疲れ様でした。

【全話読める】
つわりが思ってたのと何かちがう
つわりの私を救う「最強の味方」降臨、甘えられる存在に感謝する話

関連記事:

つわりの私を救う「最強の味方」降臨、甘えられる存在に感謝する話

うれしい妊娠判明のあと、つらいつわりに苦しめられた方はいるでしょう。2人…

何を食べても吐いてしまい、仕事中ついに限界が…|つわりをナメてた話#3・4

関連記事:

何を食べても吐いてしまい、仕事中ついに限界が…|つわりをナメてた話#3・4

妊娠が発覚ししばらくたち、突然つわりが始まったゆたろう(@yutarounikki)さ…

つわりはいつ終わる?ピーク時の対策と工夫

関連記事:

つわりはいつ終わる?ピーク時の対策と工夫

つわりは妊娠5~6週から始まる妊娠特有の症状で、吐き気や全身の倦怠感など…

シカ(@shika_heibon)さんのインスタグラム

シカさんのブログ「シカブロ」

おすすめ記事

「漫画」「妊娠」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧