1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. ごはんの味が引き立つ!子どもが喜ぶ&節約「新米のおとも」6選

ごはんの味が引き立つ!子どもが喜ぶ&節約「新米のおとも」6選

秋といえば新米の季節。新米さえあれば、おかずにお金や手間をかけなくても、いつものごはんがおいしくなると感じています。わが家では、子どもと新米を楽しむにあたってシンプルながらごはんに合うおかずを組み合わせています。この記事ではインスタグラムで節約・家計簿の情報発信をしている(@ame.320)が、わが家の子どもたちに好評な新米のおともをご紹介します。

PIXTA

白いごはんがさらにおいしく感じる!新米のおとも6選

おいしい新米は、ごはんにぴったりなシンプルなおかずと一緒に食べるのがおすすめ。ピカピカの新米をメインにするなら、おかずはがんばりすぎなくても特別感がある食卓になりますよね。

わが家の子どもたちに特に好評な、シンプルなおかず6種類をご紹介します。

1. 焼きのり

のり amana images

新米の時期にいつもわくわくする組み合わせが「のり×新米」!

肉厚な焼きのりを組み合わせると、食べ応えがぐっとアップします。パリパリののりをご飯に合わせ、ちょっとだけおしょうゆを垂らして食べるのが、わが家の子どもたちに大人気の組み合わせです。

わが家では食欲があまりない朝ごはんによく出しています。新米でなくても、のり巻きが好きでパクパク食べてくれる子はいるかもしれませんね。

2. お肉のそぼろ

豚ひき肉や鶏ひき肉をしょうゆ、砂糖、みりんなどで味付けしたそぼろを、ごはんにかけて味わうのもおすすめです。

甘さ・しょっぱさがあるそぼろの味わいと、ごはんの組み合わせが食欲をそそりますよ。ちょっと応用して、たまごのそぼろを加えて二色丼にするとボリュームも◎。

さらにさやいんげんやホウレンソウ炒めなどを合わせれば、野菜もとれる栄養たっぷりメニューになりそうです。

3. 具だくさんの納豆

納豆 PIXTA

もちろん納豆だけでもご飯に合いますが、子どもと一緒に食べるなら野菜入りにするのがおすすめ。ゆでたオクラや人参を刻んだり、ホウレンソウを加えたりしても良いですね。

他にも、のりやあおさ、とろろ昆布などを混ぜるとうま味がアップします。

4. たまごかけご飯

新米のご飯に、たまごをかけていただくシンプルな食べ方です。たまごのまろやかさと、しょうゆの塩気とうま味がごはんをさらに引き立ててくれます。

生卵を与えるのは3歳ごろからとしましょう。

出典元:

5. 焼き鮭

鮭 PIXTA

ごはんに合う魚といえば鮭。わが子も大好きです。

卵焼きやおみそ汁を合わせれば、新米が引き立つ献立になること間違いなしだと思います。

6. お刺身

刺身 PIXTA

小学1年生の息子がはまっているのがお刺身とご飯としょうゆの組み合わせです。お刺身のとろけるような食感と甘みやうまみに、しょうゆの塩分とコクでごはんのおいしさがぐっとアップします。

食費がはねあがらないよう、びんちょうまぐろや旬でお値段が高すぎないお刺身を選ぶように心がけています。

お刺身も3歳ごろになってから与えましょう。

出典元:

シンプルでも特別感あり、新米をおいしく食べて

のりや鮭、卵、納豆などシンプルな素材のほうが新米の味を堪能できるのではないかなと思っています。

新米が手に入ったなら、ぜひいろいろと試してみてください。

絶妙な味つけでごはんが進む!なす×肉のメイン料理レシピ3選

関連記事:

絶妙な味つけでごはんが進む!なす×肉のメイン料理レシピ3選

なすを使ったボリューム満点のメイン料理3選ご紹介させていただきます。なす…

ママのお昼ごはんはいつもどうしてる?何を食べているのか聞いてみた

関連記事:

ママのお昼ごはんはいつもどうしてる?何を食べているのか聞いてみた

朝ごはんや晩ごはんと違って、ママ一人で食べることも多いお昼ごはん。でき…

「今日の夜ごはん、何にする?」 忙しいママにおすすめ!時短で簡単メニューvol.1

関連記事:

「今日の夜ごはん、何にする?」 忙しいママにおすすめ!時短で簡単メニューvo…

今日の夜ごはんは、何にするか決まっていますか?もう決まっているという方…

あめこ@25万円で4人暮らしのコツ(@ame.320)のインスタグラム

おすすめ記事

「新米」「おかず」「主婦」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧