1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 100均商品だけで作れる【セリア】北欧風ナチュラルクリスマスツリー

100均商品だけで作れる【セリア】北欧風ナチュラルクリスマスツリー

いよいよクリスマスシーズンの到来。クリスマスディスプレーもよく目にするようになりましたね。自宅に飾るコンパクトなツリーが欲しくて、100均グッズを使って作ってみました。材料3つで作れますよ。シンプルなデザインだから色を付けたりしてアレンジも楽しめます。DIYに関する情報を発信しているfumi(@fumifumi_3)が、100均グッズを活用したツリーの作り方をご紹介します。

©fumifumi_3

ミニツリーの作り方をご紹介

大きなツリーは憧れるけど、場所をとるのが難点。そこで、棚の上などちょっとした場所に飾れるツリーを作りました。材料は全て100均セリアでそろうので、買い物は1か所で済むのがポイントです。

「卓上ツリーを飾るだけじゃ物足りない」「もっとオリジナリティーを出したい」という方におすすめのミニツリーですよ。

それでは作り方を見ていきましょう。

1.材料をそろえる

©fumifumi_3

材料はペーパーホルダー、竹ひご、角材(45×2.5×1.5cm)の3種類。すべてセリアで買えます。

木材に色を塗りたい場合は、ペンキなどを準備してください。また、角材をカットするためにのこぎり、穴をあけるためのドリルを用意してください。ない場合はセリアでも工具を買えます。

2.木材の加工

©fumifumi_3

長さの違う木材が欲しいので、3cmから13cmの11本カットします。短いものから切るとやりやすいですよ。

中心に穴をあける

©fumifumi_3

表面を木材の中心に穴をあけます。スムーズに木材を通したいので、穴は竹ひごの太さよりも大きくあけます。1番長いものと短いものは貫通させないようにしましょう。

3.ペーパーホルダーの加工

©fumifumi_3

ペーパーホルダーは、裏にあるネジを外して解体します。木の棒を4.5cmくらいの長さにカットしましょう。カットした木の棒を使って元のように組み立てておきます。長いほうの棒は使いません。

ツリーに色を付けたいときは、ここで全てのパーツに塗装しましょう。

4.組み立て

©fumifumi_3

加工したペーパーホルダーに1番長いパーツをくっつけます。接着剤が乾いたら穴に少しの接着剤を入れ、竹ひごをさします。木材を長い順番に竹ひごに通していきましょう。

5.ツリーのできあがり

©fumifumi_3

最後の木材を通す前に、竹ひごの長さを調整します。ちょうど良い長さにカットしたら、穴に接着剤を入れた最後の木材を通します。これでできあがりです。

好きな形に変えて楽しめます

©fumifumi_3

ペーパーホルダーを土台にしているので、安定したツリーになりました。完成したツリーは、角材をくるくる回して形を変えることができます。写真のように交互にしてもかわいいですよ。

木材を長くカットすれば、大きいツリーも作れます。工作感覚で作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

失敗したくない「壁の棚設置」ぐらぐらを防ぐポイントをDIY主婦が解説

関連記事:

失敗したくない「壁の棚設置」ぐらぐらを防ぐポイントをDIY主婦が解説

デッドスペースになりがちな壁は、棚を付けることで一気に便利なスペースに…

まるでおしゃカフェ、DIY主婦流「調味料ラック」作り方を公開

関連記事:

まるでおしゃカフェ、DIY主婦流「調味料ラック」作り方を公開

キッチンで毎日使う調味料を収納するのにぴったりな、オープンラックを作り…

fumi/DIYのある暮らし(fumifumi_3)のインスタグラム

おすすめ記事

「ハンドメイド」「クリスマスツリー」「セリア」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧