1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 成長だと思っていたあの行動…実は違ったの?|5歳娘の発達に向き合った話

成長だと思っていたあの行動…実は違ったの?|5歳娘の発達に向き合った話

これははちみつこ(@hachi_mitsu89)さんが描く、発達障がいについてのエピソード漫画です。5歳のちいちゃんの耳の診察で訪れた病院で、ちいちゃんの行動を先生に指摘されたりっちゃん。「なんでそんなことを今言われなきゃいけないの?」と疑問に思いましたが、気になり調べる手が止まりませんでした。子どもの発達について他人から言われたら、気になってしまいますよね。第3話をごらんください

©hachi_mitsu89

病院でのでき事を夫に伝えると、ちいちゃんが発達障がいなわけないと突っぱねられました。りっちゃんも平気だと思う反面、調べる手が止まりません。


調べ始めて、ある言葉に目が止まったりっちゃん。何に引っかかったのでしょうか。

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

©hachi_mitsu89

クレーン現象の行動について、思い当たる節があったりっちゃん。ちいちゃんの成長だと思っていた行動が、発達障がいに引っかかる項目だったのはショックだったと思います。

子どもの心配をしているだけないのに…夫からの衝撃の一言|5歳娘の発達に向き合った話#4

関連記事:

子どもの心配をしているだけないのに…夫からの衝撃の一言|5歳娘の発達に向き…

子どもの成長を心配するのは親として当たり前の気持ちですが、それに対して…

1話目はこちら

【全話読める】
うちの子は発達障害じゃない

子どもを理解し、適切な支援を受けるために

子どもの発達について指摘を受けると、親としては焦る気持ちになりますよね。わが子の発達にほかの子どもと異なる点が多かったり、発達障害の特徴に当てはまったりしても、つい「考えすぎだろう」「いずれ他の子に追いつくはず」と考えてしまうことはありませんか。

発達検査を受ける意義は、決して「この子には障害がある」というレッテルを貼ることではありません。わが子にとって世界がどんな風に見えているか理解しながら、その子自身が必要としている支援やサービスにつながることに意味があります。

診断を受けて適切な支援を受けることで、発達障害のある子どもの生活上の支障は減らすことができます。しかし「うちの子は発達障害じゃない」「支援がなくてもしつけで追いつける」などと誤った見通しや期待を持つと、親子ともに苦しむ結果になりかねません。

子どもの発達障害には専門家がいます。「わが子のことは親が一番知っているはず」と思っても、子どもにとって必要な支援や成長に合わせた声かけなどの知識を得るなら、専門家の力が必要になるでしょう。早めにプロに相談し、知恵を借りることは、親にとっても子にとっても大切なことですね。

出典元:
発達凸凹息子「面接にならない」と言われてから入園するまでの軌跡を描いた漫画

関連記事:

発達凸凹息子「面接にならない」と言われてから入園するまでの軌跡を描いた漫画

子どもが独り立ちする第一歩ともいえるのが幼稚園や保育園などの入園。それ…

「発達障害」そうじゃないと信じたい…初めて病院へ電話をしたあの日

関連記事:

「発達障害」そうじゃないと信じたい…初めて病院へ電話をしたあの日

5歳でADHD・広汎性発達障害と診断された息子との日々。診断を受けるまでの道…

「漫画」「発達障害」「5歳」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧