1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 発達グレーのわが子のため、市長に手紙を書いた母。1か月後にまさかの展開|幼稚園難民になった話

発達グレーのわが子のため、市長に手紙を書いた母。1か月後にまさかの展開|幼稚園難民になった話

鳥野とりこ(@torico_bird)さんの自治体では、公立幼稚園の『見守り学級』への希望が増えているにも関わらず、先生の数を増やすなど具体的な政策はなにもしていませんでした。このままでは、発達グレーゾーンの息子・ねこ太くんも『見守り学級』へ入れるか分かりません。そこで、鳥野さんは市の幼児教育の現状を市政のトップである市長に直接訴えることにしました。『幼稚園難民になった話』第17話をごらんください。

©torico_bird

©torico_bird

©torico_bird

©torico_bird

©torico_bird

©torico_bird

©torico_bird

©torico_bird

わが子のために、市長にまで直接手紙を書いた鳥野さん。手紙を出した時点では、返事が来るとは思っていなかったものの、1か月後、なんと市長から手紙が届きました。

市長に声がしっかり届いたのは、鳥野さんの行動力あってこそですね。

市長からの手紙の内容、理解はできても焦る気持ちに|幼稚園難民になった話

関連記事:

市長からの手紙の内容、理解はできても焦る気持ちに|幼稚園難民になった話

鳥野とりこ(@torico_bird)さんは、発達グレーゾーンの息子・ねこ太くんの『…

自治体の子育て政策に対し、声をあげた体験談

©torico_bird

©torico_bird

鳥野とりこさんによるエッセー作品『幼稚園難民になった話』は鳥野さんのインスタグラムで連載中の漫画です。

作品では、発達に遅れがあることを理由にさまざまな幼稚園に入園を断られてしまい、公立園でも受け入れが難しいことを知った鳥野さんが、自治体に対して声をあげ、入園先を見つけるまでの体験談が描かれています。

育児にまつわる自治体ごとの制度には差があり、住む人にとって暮らしにくいと感じるものもあるでしょう。そんなとき、声をあげるのはなかなか勇気がいることかもしれません。そんな中、鳥野さんは、現状を市議会議員に直接話すところまで実行しました。わが子にとって良い環境を探し続ける行動力がすばらしいですね。

また、療育の先生など味方になってくれる人にこまめに相談していた点も、鳥野さんにとっては心強く、粘り強くわが子にとってよい環境を探す支えになったのではないでしょうか。

家庭の力だけでは解決できない困りごとがあるときこそ、身近な相談先を見つけて解決策を見出していくことが大切ですね。

【続きとバックナンバー】
幼稚園難民になった話

鳥野とりこ(@torico_bird)さんのインスタグラム

集団活動ができないわが子の入園|発達凸凹息子が幼稚園面接ズタボロだった話#1

関連記事:

集団活動ができないわが子の入園|発達凸凹息子が幼稚園面接ズタボロだった話#1

わが子が成長し、就園の年齢が近づくと気になるのが幼稚園や保育園などの園…

「かわいそうに」息子の障害に、祖母が繰り返す言葉|幼稚園編#1

関連記事:

「かわいそうに」息子の障害に、祖母が繰り返す言葉|幼稚園編#1

知的障害を伴う自閉スペクトラム症のたつきくんを育てるNEGI@エッセイ漫画(@…

おすすめ記事

「発達グレーゾーン」「入園」「幼稚園」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧