1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 知らんぷりを決め込む義姉に、さらなる借金が発覚|8桁の使途不明金

知らんぷりを決め込む義姉に、さらなる借金が発覚|8桁の使途不明金

この漫画は、義母の老後資金に関する家族間トラブルを描いたものです。義母から「不自然に預金残高が減っている」と相談を受け、引き落としの履歴を調査したほぺ美さん夫婦。1000万円近いお金が義姉によって不正に引き出されていることが判明します。1000万円近く減っていた預金の使い道を問いただされ、うろたえる義姉。詳細な金額を聞き、なおもシラを切り通そうとする義姉に、証拠となる通帳の明細を突きつけます。すると義母の口から思いもよらない言葉が飛び出します。山吹いろさん(@yamabuki___iro)による作品『8桁の使途不明金』第16話をごらんください。

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

預金の使い込みが始まった4年前、すでに義母から200万円借りていた義姉。事業を始めるという名目で借りたようでしたが、結局事業は始まらなかったようです。

事業は始めなかったのにお金が戻っていない状況。一体何にお金を使ってしまったのか気になりますね。

義母の質問に言葉を濁す義姉「お金は返してくれるの?」|8桁の使途不明金

関連記事:

義母の質問に言葉を濁す義姉「お金は返してくれるの?」|8桁の使途不明金

この漫画は、義母の老後資金に関する家族間トラブルを描いたものです。義母…

財産管理は家族間で取り決めを

©yamabuki___iro

©yamabuki___iro

このお話は、義母の預金から8桁の使途不明金が発覚したエピソードを描くエッセー。ほぺ美さんの夫には姉がいて、ほぺ美さん夫妻は義母の買い物の手伝い、義姉が預金カードを預かり、お金の管理を任されていました。

ある日、義母が預金残高が不自然に減っていることに気づきます。どうやら4年間で1000万円近くのお金が引き出されていたようです。預金カードからお金をおろせる人物は限られていて、家族はすぐにお金を下ろした人物を特定することに…。身内とはいえ、勝手に引き出してはいけません。まして、老後のために貯蓄していたお金がなくなり、義母は悲しい思いをしたことでしょう。

お金の使い込み自体はなくなっても、将来的な義母の金銭的援助や介護など、ほぺ美さん夫婦は正体大きな負担を抱えることになってしまいました。

兄弟や家族間でのお金の問題は、思わぬトラブルに発展することも。加齢などにより家計や財産を他者に任せる際には、「財産管理委任契約」や「家族信託」などを公正証書にまとめておくことができます。『8桁の使途不明金』は家族間でのお金の管理について考えさせられるお話です。

出典元:
【全話読める】
8桁の使途不明金
【母の日に思い出す】初訪問後の義母「これだけは言おうと思って」|もうひとりの「おかあさん」

関連記事:

【母の日に思い出す】初訪問後の義母「これだけは言おうと思って」|もうひと…

このお話は、作者・さざなみ(@sizuqphi)さんが初めて夫の実家へあいさつに行…

行動力と決断力がすごい。義母に相談なしでマイホームを買った話

関連記事:

行動力と決断力がすごい。義母に相談なしでマイホームを買った話

皆さんはもし家を購入するとなったらどのような条件がありますか?職場や子…

山吹いろ(@yamabuki___iro)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「金銭トラブル」「家族」「介護」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧