1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. わが子をいじめた加害者の親、謝罪を求めるも一切認めようとしなかった結果、訪れた末路

わが子をいじめた加害者の親、謝罪を求めるも一切認めようとしなかった結果、訪れた末路

このお話は、もっち𓇼怖い女たちの体験談・漫画(@mocchi_kakei)さんの、フォロワーさんの子どもに起きたスマホトラブルを描いています。小5の娘はLINEに返事をしなかったことを理由に、友だちに無視されます。さらに、嫌がらせはエスカレートしいじめに発展。再び、登校できるようになりましたが、親の態度は威圧的。親としての在り方を考えさせられる『子ども同士のLINEトラブル』をごらんください。

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

いじめ問題が解決するとともに今度は加害者が孤立する展開に

LINEに返信しなかったことが理由で、友だちに無視をされてしまった小学5年生の娘。さらに、嫌がらせはエスカレートし問題は長引いてしまいます。

学校側もいじめた子の両親も、真剣に話を聞いてくれません。しかし夫が内容証明を送ったことで、やっと学校側が本気で対応し調査をしてくれました。

学校を間にはさんで話し合った結果、いじめた子が担任の先生と一緒に謝罪に訪れます。困った表情を浮かべながらも許した娘。

再び学校に通うようになったところ、加害者の子はクラスで孤立していました。

加害者の親が、なぜか怒鳴り込んできた

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

「内容証明を送るから」と突然怒鳴り込んできたいじめ加害者の親。いじめたことに対する謝罪は一切ありません。

いじめが明るみに出て主犯格であったまきちゃんが孤立してしまうのは、自業自得。

あまりにも身勝手ないじめ加害者の親でしたが、当然のように親も孤立していきます。

次々と距離を取り始めたまわりの親

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

©mocchi_kakei

あまりにも非常識な言動を繰り返す加害者の親。次第にまわりから人がいなくなり、ついに学校行事での集まりに顔を出さなくなりました。

いじめの主犯格だったまきちゃんは、いじめのターゲットを次々と変えていました。そのため自分がターゲットにならないようにと、どの子も親も、まきちゃん親子の言いなりになってしまっていたのでした。

そんな中、声を上げ最後まで闘った主人公。子ども同士のトラブルとはいえ、いじめは見過ごすことはできません。いじめを受け、悲しい思いをする子が減ることを願うばかりです。

最近では、いじめ加害者の心に問題があると言われています。そのため加害者がカウンセリングを受け、場合によっては引っ越しを余儀なくされることもあります。

いじめ被害者が学校に行けなくなったり、引っ越しをしたりしなければいけないケースが、無くなる世の中になればいいなと感じています。

【全話読める】
子ども同士のLINEトラブル
小学生の下校トラブル…「娘が帰ってこない」各家庭の対策とは?

関連記事:

小学生の下校トラブル…「娘が帰ってこない」各家庭の対策とは?

子どもが小学生になると、1人で学校と家を行き来することになりますね。さら…

年少の親「わが子が病んだらどうするの!」子ども同士のトラブルが思わぬ方向に

関連記事:

年少の親「わが子が病んだらどうするの!」子ども同士のトラブルが思わぬ方向に

幼稚園や保育園でのママ同士の付き合いに悩むことはありませんか?気が合わ…

「2000円貸してくれない?」小学生息子からの要求…友人同士の「おごり」が金銭トラブルに発展

関連記事:

「2000円貸してくれない?」小学生息子からの要求…友人同士の「おごり」が金銭…

この漫画記事は、著者・星河ばよ(@bayo_fantasy)さんの小学生の息子に起きた…

もっち𓇼怖い女たちの体験談・漫画(@mocchi_kakei)さんのインスタグラム

もっちさんのブログはこちら

おすすめ記事

「トラブル」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧