出産祝いは名入りグッズがおすすめ!喜ばれる赤ちゃんの名前入りグッズ15選

知っている人の出産報告はとても嬉しいものです。せっかく出産祝いを贈るのであれば、ママや赤ちゃんに喜ばれるグッズをあげたいですよね。今回は、出産祝いにおすすめの名前入りグッズをご紹介します。赤ちゃんの名前を入れるだけで、特別感が出ますよ。素敵な名入れグッズを15個ご紹介するので、参考にしてみて下さい。

名前入りの出産祝いってどんなものがあるの?

大切な家族や、友人、職場の人に赤ちゃんが生まれると幸せな気持ちになりますよね。おめでとうの気持ちを込めて素敵なプレゼントを贈りたいですね。

可愛いグッズが沢山あり、何をあげようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが名前入りの出産祝いグッズ!「名前が入っているだけで世界に一つだけの特別感があって嬉しかった」という声をよく耳にします。

デパートや通販サイトなどを見ると、名入れ可能な出産祝い品には衣類から食器、雑貨まで様々なものがあります。

出産祝い選びのポイント

赤ちゃんの出産祝い

私自身や周囲のママさんたちの声をもとに、出産祝い選びのポイントを整理してみました。

  • ママの好みを把握しておく
  • 高価過ぎるものはあげない(あげる場合は友人と一緒にあげましょう)
  • 大きすぎるおもちゃやベッドなどは避ける
  • 衣類は子供の月齢に合わせるか少し大きめを選ぶ

好みに合わせたプレゼント選びが一番です。ただし、高価過ぎる出産祝いはお返しでかえって気を遣わせてしまう可能性がありますので、もらう側が負担にならない金額のものを選びましょう。

また、大きめのおもちゃやベッドなどはすでに購入している場合も。複数あって置き場所に困ってしまうかもしれないので、事前に相談してからプレゼントしてあげるとよいでしょう。

また、衣類を選ぶ際は少し大きめの方が喜ばれる傾向にあります。赤ちゃんの体型等も事前に聞いておくといいですね。

喜ばれる名前入りグッズを選ぶコツ

プレゼントを開ける赤ちゃん

  • 名前の間違いに注意
  • 名入れはデザイン性の高いローマ字やイニシャルがおすすめ

せっかくの名前入りグッズなのに、名前が間違っていたら貰う側もがっかりしてしまいますよね。あげる前にしっかり確認してあげましょう。

また、外で使うグッズは防犯面などから、名前がすぐ分からないようなさりげないローマ字やイニシャル表記だと使いやすいですね。

出産祝いに喜ばれる名前入りグッズ12選

出産祝いのプレゼント

では、早速出産祝いにおすすめしたい名前入りグッズを一気にご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

1.おむつ替えも楽しく!人気のおむつケーキ

【タオルソムリエ監修】出産祝い Sassy(サッシー)の歯固めと今治タオルの おむつケーキ
おむつケーキ

2.一生の宝物になるバースデーボードお仕立て券

ご出産祝い・ご出産内祝いにフォトフレーム

3.ねんねのおとも!体重ベア

体重ベア タイニーモカ(完成品)お名入れ刺繍

4.成長記録を沢山残せる名入れアルバム

ナカバヤシ フエルアルバム誕生用トイモービル

5.歯を大切にとっておこう!ちょっぴりユニークな乳歯ケース

乳歯 ケース 乳歯ケース 乳歯入れ

6.名入れの食器は食事を楽しくしてくれます

agney* りんごプレートセット

7.可愛い哺乳瓶で赤ちゃんもママもにっこり♪

名入れ哺乳瓶ギフト

8.ねんね中でも成長が見えるガーゼケット

9.ベビーリュックで楽しいお出かけ

PetiteLisu 名入れベビーリュック&ママトートセット

10.どこでも赤ちゃんの頭を包み込む可愛い帽子

お名前入りボーダー帽子
名入れ絵本 ミッキーとバースデー

11.読み聞かせに最適な名前入り絵本

12.頑張ったママにもご褒美のおやつ時間を

DECO&VEGIE クッキーハッピーセット(お名入れ)

出産祝いは世界に一つだけの名前入りグッズをあげよう

プレゼントと赤ちゃん

いかがでしたか?王道のものからユニークなものまで、可愛い名前入りグッズが沢山ありましたね。この他にも、ポンチョやタオルなどを名入れしてくれるお店があります。

出産祝いの注意点を踏まえ、世界で一つだけの特別感がある名前入りグッズで赤ちゃんの誕生を沢山お祝いしてくださいね。

赤ちゃんグッズは可愛いものが多く選んでいるあなたも楽しい時間を過ごすことができます。まだ悩んでいる人も、出産祝いを貰うママはお祝いしてくれる気持ちが一番嬉しいものです。

素敵な出産祝いが見つかりますように。

楽天で「名入れ可能な出産祝いグッズ」をもっと見る!

「出産祝い」「名前入り」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧