洗濯機の掃除は酵素系漂白剤がおすすめ。洗浄方法とおすすめ洗剤5選

洗濯したばかりのタオルなのに何だか嫌なにおいが…そんなことはありませんか。その原因は洗濯機そのものの汚れにあるのかもしれません。洗濯槽にこびりついた洗剤や残りかすなどをすっきり掃除するにはどうしたら良いのでしょうか。汚れをためにくい使い方や、口コミで話題の過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽のお掃除方法をご紹介します。過炭酸ナトリウムは水に溶けると炭酸ソーダと水、酸素に分解される安心素材で、赤ちゃんのいるご家庭にはとてもおすすめです。

洗濯機の臭いや黒カビの原因は?

洗濯したのに、洗濯物がにおう、そんな時ありますよね。それは一見きれいでも洗濯槽の裏側にこびりついた「黒カビ」が原因かもしれません。特に洗濯槽の裏側には、溶け残った洗剤や付着した垢や泥など汚れがこびりつきやすく、しかも元々湿度が高い場所なので黒カビが増殖しやすい場所なのです。

そして実は「洗濯槽のカビ臭いニオイ」はカビだけの臭いではなく、『菌』が原因ということが近年の研究で分かってきました。洗濯直後から洗濯機のフタを閉めたままにすると、湿度はなんと約100%になります。それは菌がとても増殖しやすい環境になっているのです。

洗濯後は、洗濯物をなるべく早く取り出して、やはりその後も洗濯機のフタを開けたままにするのがバイオフィルムの予防に効果的だそうです。黒カビや菌が増殖してしまう大きな理由は以下のようなものになります。

  • エサがある(洗剤の残りカスなど)
  • 適度な水分がある(洗濯後に洗濯槽の残る水分)
  • 繁殖に適した温度がある
  • 洗濯機の構造が繁殖に適している

洗濯槽のいやなにおいを予防するには、これと逆の環境にしてあげればいいことになります。ただ、毎日菌やカビが増殖しないような環境を常に保つのは難しいと思うので、月に一度の洗濯槽の掃除がおすすめです。

洗濯機の掃除の仕方

洗濯機

洗濯機の中は湿度が高くカビのエサになるものが多いため、汚れが増えやすい場所です。

しかも洗濯槽の裏側は表から見えませんが、はずしてみると真っ黒で汚れやカビが溜まっている場合も多いようです。しかし裏側なので手でこすって落とすこともできませんよね。

したがって洗濯機の掃除は、洗濯槽に水をためてその中に洗剤を入れる方法になります。手順としては以下の方法になります。

  1. 洗濯機8割くらいまでぬるま湯をためて、まずは洗剤を入れずに5分ほどまわす
  2. 洗剤を入れて15分ほどまわし、2時間以上つけ置きする
  3. もう一度10分ほど回したら、浮いてきた汚れを網などで取り除く
  4. 新しい水に入れ替えて、もう一度回してから排水する

ドラム式の洗濯機の場合は、ドアを開けてもこぼれないギリギリのところまでぬるま湯を入れましよう。最初に洗剤を入れる前にぬるま湯だけで回すことで、洗濯槽の裏側の汚れをふやかしてくれるので汚れが取れやすくなります。

洗濯機の掃除には酸素系漂白剤がおすすめ

洗濯

洗濯機のにおいの原因や掃除方法についてかいてきましたが、実際掃除をするときはどのような洗剤を使えば良いのでしょうか。

洗濯槽の汚れを取るのに最適な洗剤は、「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」です。酸素系漂白剤とは、水に溶けると炭酸ソーダと水、酸素に分解される安心素材です。赤ちゃんの肌着、色柄の衣類にも漂白・除菌・消臭できます。衣類のしみ抜き、洗濯槽のカビ取りなどその用途は様々です。

洗濯機掃除に使える酸素系漂白剤を5つご紹介していきます。

酸素系漂白剤(750g)[シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 台所用 カビ掃除 ]

酸素系漂白剤(750g)[シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 台所用 カビ掃除 ]

エスケー石鹸 すっきりシリーズ 洗濯槽クリーナー(500g×2)【エスケー石鹸 すっきりシリーズ】

エスケー石鹸 すっきりシリーズ 洗濯槽クリーナー(500g*2コ入)

eco friend(エコ フレンド)

eco friend/過炭酸ナトリウム 1kg/(酸素系漂白剤) 国産

ねば塾 洗濯機洗い粉

ねば塾 洗濯機洗い粉 (300g×2袋)

丹羽久 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤(1kg)【niwaQ(ニワキュウ)】

丹羽久 niwaQ 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 1kg

毎日の心がけで掃除を楽に

掃除

「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」を使った洗剤について見てきましたがいかがでしたか。塩素系漂白剤に頼りがちなカビ取りも酸素系漂白剤の洗剤を使うことでもっときれいに、そしてもっと安全に掃除ができそうですね。

においのもととなる菌やカビが発生する一番の原因は「水分」が洗濯槽内に残っていることです。洗濯後はふたを開けておいたり、たまに洗濯の後に乾燥機能を使ったりするなど、日々のちょっとした心がけがお掃除を楽にしてくれるかもしれません。

おすすめ記事

「洗濯機」「掃除」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧