1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の教育
  4. 習い事全般
  5. 子ども英会話教室のおすすめ8選!費用相場や選び方のポイントもチェック

子ども英会話教室のおすすめ8選!費用相場や選び方のポイントもチェック

国際化が進み日本国内でも英語を使用する頻度が増え、小学校の授業にも取り入れられている昨今。小さいころから英会話を習わせたいと思うママさんも多いのではないでしょうか。英会話教室もたくさんあるので、どの教室がいいかわからない、英会話教室に通わせることに意味があるのかなど、迷うことも多いですよね。そこで、おすすめの英会話教室や選び方、子どもを英会話教室に通わせるメリット・デメリットについてまとめました。

PIXTA

子ども向け英会話教室のメリット・デメリット

子ども向け英会話教室のメリット・デメリットと、実際に子どもを通わせていた方の体験談をご紹介しますので、参考にしてください。

子ども向け英会話教室のメリット

子ども向け英会話教室に通わせるメリットは大きく次の3つがあげられます。

  • 英会話に特化した講師に直接指導してもらえる
  • 実践的で効果の出やすいレッスンを受けられる
  • 同じ目的を持った仲間ができて続けやすい

英会話の知識や経験に特化した講師に直接教えてもらえるので、学校での授業より実践的な英会話が身に付きやすくなります。
また、同じ目的を持つ友達とせっさたくまし、教室に通うことが友達に会う楽しみのひとつになるでしょう。

子ども向け英会話教室のデメリット

子ども向け英会話教室に通わせることには、次のような点がデメリットと考えられます。

  • 受講料が高額になりがち
  • 教室が遠いと送り迎えが必要になる
  • 成果が上がらないと英語への拒否感が生まれる

英会話に限ったことではありませんが、習い事にはどうしても費用がかかり、しっかり英語を学ばせたいなら通う頻度も増えるため受講料が高額になりがち。

近くに良い教室がないと、親が送り迎えをする必要も出てきて、負担が増えてしまうことも考えられます。

子ども向け英会話教室に通わせた方の体験談

実際に子どもを英会話教室に通わせた方の体験談で、メリット・デメリットを確認してみましょう。

「3歳から英語教室行ってます。小学生から英語必須になってますし、やらないよりかはマシかなと思って行ってますが家でも英単語喋りますよ」
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
「上の子の時は友達できたらいいなぁと思って初めました!10ヶ月から始めました!親子とも楽しくとくに子供が気に入って英語大好きになりました!」
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
「英語に通ってます!喋らないけど、英語の指示というか、簡単なのは通じてます。2歳の同じクラスの男の子は、1-10を英語でいったり、先生が言った言葉復唱したり、色のカードを触るとかできてましたよー」
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
「1回500円の英語サークルに通ってます!
内容も良くて、安くて、子供も楽しそうなので行ってますが、まだやらなくてもいいかなというのが率直な感想です。」
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子どもを英会話教室に通わせたことにメリットを感じている方が複数いました。教室に通ったからといって英語がペラペラになるというわけではなく、英語の音に慣れる、簡単な単語を覚える、楽しく通っているなど、低めの目標から目指してみてください。

英会話教室にかかる費用相場

お金 PIXTA

子どもを英会話教室に通わせるとどのくらいの費用がかかるのか、相場をご紹介します。

英会話教室の月謝は生徒数で異なる

英会話教室の月謝は、講師に対する生徒の数によって異なります。
比較的人数の多い6人以上のグループレッスンの場合、5,000円~8,000円程度が相場となりますが、マンツーマンになると10,000円以上はかかると見ておいたほうがいいでしょう。

講師がネイティブだと費用に上乗せされる

英会話教室の講師は日本人も多いですが、より正確な発音を目指すなら、ネイティブ講師の教室を選ぶこともできます。ただその場合、日本人講師よりも月謝に1,000円〜2,000円程度上乗せされることが多いので、あらかじめチェックしておきましょう。

教材費や入会金が発生することも

英会話教室の中には、10,000円前後の入会金が必要なところや、月に1,500円前後の教材費がかかるところもあります。ほかに設備費や年会費などが必要になる教室もありますので、総合的にかかる費用がいくらになるのか、しっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

英会話教室の選び方

英会話 PIXTA

失敗しないよう英会話教室を選ぶには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

無理なく通える英会話教室を選ぶ

英会話継続的に長く通えることが重要です。いくら良い講師やカリキュラムであっても通い続けることができないと成果も上がりません。

あまりに遠くて通うのが大変、送り迎えが困難、月謝が高くて家計を圧迫してしまうなど、通うことに不安が多い場合は検討しなおしたほうが良いかもしれません。

重視するポイントを絞る

子ども向けの英会話教室はそれぞれ特色が異なり、楽しく遊びながら学べるところや、発音を重視したネイティブな講師が在席しているところなどさまざまです。

小さなころからしっかり発音を覚えさせたいならネイティブ講師がいる教室、英語に対する拒否感をなくしたいなら楽しく学べる教室というように、重視するポイントを絞って選んでみてください。

体験レッスンで雰囲気の良いところ

ネット上の口コミも参考になりますが、子どもとの相性もあるため、やはり実際に教室の雰囲気を確かめてみるのが確実です。

いくつか候補を決めたら、体験レッスンなどに参加してみて、子どもと相性がいいかどうか、楽しく通えそうかどうかなどを親目線でチェックしてみましょう。

2歳から英語学習!2歳で始めるメリットは?どんな英語教室や教材があるの?

関連記事:

2歳から英語学習!2歳で始めるメリットは?どんな英語教室や教材があるの?

できることが増えてきて、赤ちゃんから子どもらしくなる2歳。このころから、…

子ども向け英会話教室のおすすめ8選

英会話 PIXTA

おすすめしたい子ども向け英会話教室を8つご紹介しますので、費用や特徴、おすすめポイントなどを比較しながら選んでみてください。

ヤマハ英語教室

  • コース:0歳~5歳対象の幼児コース、小学生英語コースなど
  • 費用:幼児コース3,850円~7,480円(45分~50分・月2回~年42回)、小学生英語コース7,800円~8,300円(50分年42回) 教材費別途。
  • 体験レッスン:無料の体験レッスン、ウェブ体験レッスンあり

0歳から小学生まで、年齢ごとに合わせたコースがあり、0歳の場合は親子で参加して歌あそびや語りかけあそびなどで楽しく英語に触れることができます。

4・5歳を対象としたコースは、英語の歌や絵本を通して英語の基本表現や語彙を身につける内容になり、簡単な文章の会話やアルファベットの読み書きを学んでいきます。

全国に教室があるので通いやすく、ほかの英会話教室に通ったことがある場合、学習経験や英語力に応じて最適なコースを案内してもらえる編入会カウンセリングが受けられます。

ECCジュニア

  • コース:2・3歳児、4・5歳児、小学1・2・3年生、小学4・5・6年生、英語・英会話のほかにデジタル・スタディもあり
  • 費用:入学金5,500円、月謝 6,600円(週1回40分)、教材費16,760円~(初年度目)、検定料2,200円
  • 体験レッスン:無料の体験レッスンあり

特徴:2・3歳児のコースはママと一緒に英語で知育あそびをする内容で、楽しく遊べるオリジナル教材がそろっています。4・5歳児のコースは、よく使われる英語表現をリズムに乗って体に覚えこませ、先生が指示する英語を動作で反応するなど、暗記ではなくしっかり身につくプログラム。

子どもが興味を持ちやすいタブレットの映像コンテンツを用いたデジタル・スタディコースもあります。

シェーン子ども英語

  • コース:2才~年少、年中・年長、少人数レッスン、個人レッスン、ペアレッスン
  • 費用:少人数レッスン月謝10,450円(50分 ×週1回)、個人レッスン月謝28,050円(40分 ×月4回)、ペアレッスン月謝16,720円(40分 ×月4回) 入学金16,500円、スクール管理費1,650円/月、教材費別途
  • 体験レッスン:無料体験レッスンあり

特徴:シェーン子ども英語には、英語を英語で指導できるスキルを持ったネイティブ講師が在席。2歳~年長のコースでは、ネイティブ講師による本物の発音を身につけていくことができます。

レッスンは少人数制でマンツーマンの個人レッスンもあり、本格的に英語を学ばせたい方に最適です。費用がお得になる割引制度もあり、首都圏のスクール拠点数はネイティブ講師の英会話スクールでNo.1と、通いやすさも抜群。

イーオン子ども英会話(AEON KIDS)

  • コース:1・2歳(ベビー)、3歳、4・5歳、6歳、小学 1・2年生、小学 3・4年生、小学 5・6年生など
  • 費用:親子クラス月謝7,900円週1回~、入学金11,000円
  • 体験レッスン:無料体験レッスンあり

幼児期から「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく総合的に学べるカリキュラムで、日本人講師と外国人講師が在席。全国46都道府県に200校以上あり、家の近くの教室を探せます。

ベルリッツ・キッズ

  • コース:4歳~小学生(低学年)向け英会話、小学生(3~6年生)向け英会話、小学6年生・中学1年生向け英語コース
  • 費用:超少人数(最大3名)週1回月額 14,300円、月謝制マンツーマン平日週1回月額 26,950円
  • 体験レッスン:無料体験レッスンあり

最大3名の超少人数とマンツーマンのコースがあり、じっくり学ぶことができます。外国人教師によるAll Englishレッスンで本格的な英語を身につけることができ、オンラインでの受講も可能です。

NOVAバイリンガルキッズ

  • コース:Babyコース、幼児コース、小学生コース、中高生コース
  • 費用:40分×4回月謝8,800円~、80分×4回月謝14,960円~、教材費別途(駅前留学校の場合)
  • 体験レッスン:無料体験レッスンあり

NOVAは全員外国人講師で、6ヶ月の赤ちゃんのうちから本物の英語に触れることができます。どのコースも最大8人までの少人数レッスンで、入学金はゼロ、お得な割引制度もあり通いやすくなっています。

ペッピーキッズクラブ

  • コース:1歳・2歳親子コース、2歳・3歳コース、4歳~6歳コース、小学校低学年コース、小学校中学年コース、小学校高学年コース
  • 費用:1回60分×週1回月謝7,700円程度(教室やエリアによって異なる)、教材費別途
  • 体験レッスン:無料体験レッスンあり

回のレッスンを1タームとし、外国人講師と日本人講師との英会話レッスンが組み込まれたカリキュラム。7~12名程度のグループレッスンで楽しく学べます。

ベネッセの英語教室ビースタジオ

  • コース:9か月~3歳(ベビー)、3歳〜6歳(年少・年中・年長)、小学校低学年、小学校中学年、小学校高学年
  • 費用:幼児コース月謝7,260円~、入会金・年会費・教材費別途
  • 体験レッスン:無料体験レッスンあり

ビースタジオでは、日本人の先生が行うスタンダードプログラムと、外国人の先生が行うインターナショナルプログラムが選べ、料金も異なります。

対面レッスンと並行して家での映像レッスンでさらに効果アップ。無料体験の1週間以内に入会すると入会金が半額になるのでお得です。

楽しく通える英会話教室を選ぼう

英語 amana images

英語の学び方にはいろいろありますが、幼児期の英会話教室では、まず英語に慣れて楽しく遊びながら学ぶことから始まります。子どもが楽しく継続して通える教室を探してみましょう。

3歳からの英語学習にはどんなメリットが?おすすめの英語教室や教材は?

関連記事:

3歳からの英語学習にはどんなメリットが?おすすめの英語教室や教材は?

言葉をたくさん覚えてコミュニケーションも取れるようになる3歳の子ども。英…

おすすめ記事

「子ども」「英会話」「教室」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧