作り置きなしでも野菜たっぷりの食事に。兼業ママの手抜きテクニック

忙しくてなかなか手の込んだ料理は作れない。お惣菜など出来合いのものに頼るのもいいけれど、野菜が不足しがちな上に、どうしても後ろめたさを感じてしまう。そんな葛藤をいだくママのために、兼業ママ歴5年目となってだいぶ手抜きが板に付いてきた筆者が日頃実践している技をご紹介します。野菜は冷凍食品や水煮、缶詰を常備。生野菜よりも消費期限が長く、ストックできて便利。これらの食材はレトルト食品に頼りたいときの「ちょい足し」にも重宝します。

プレミアム記事

PIXTA

料理にはなるべく時間をかけたくないけれど…

毎日の食事作り、お疲れさまです。筆者は共働き家族で、家で食事を用意するのは朝晩の2回のみ。それでも仕事で疲れ果てた後にご飯を作るのは心底気が重いものです。

野菜たっぷりの、栄養バランスの良いものを用意したいけれど、時間と手間をかける余裕はない。保育園のお迎え後、フラフラとスーパーに寄ってお惣菜やお弁当を買って済ませることも多々あります。

ただ、「今日もまたお惣菜に逃げてしまった……」と自分を責めてしまうときも。そもそも出来合いのものに頼ったとしても何ら悪いことではないものの、モヤモヤとした罪悪感を抱いてしまうのも事実です。

そんな葛藤を繰り返してきた兼業ママ生活も5年目。出来合いのものに頼りつつ、なるべく野菜を摂るにはどうしたらよいか、さまざまなブログや書籍を参考にしながら自分なりに工夫している方法をお伝えします。

筆者と同じような境遇の方の役に立つことができれば幸いです。

野菜不足を解消! 常備しておくと便利な食材リスト

冷凍野菜や野菜水煮の例(編集部にて撮影)

筆者は平日勤務で土日がお休みのため、日曜の午後に1週間分の食材をまとめ買いしています。仕事復帰してしばらくは、1週間分の野菜を買い込んでも痛ませてしまい、処分せざるを得ないこともありました。

そこで目を付けたのが市販の冷凍野菜やチルドの水煮、缶詰類です。天候などの影響があまりなく、価格が比較的安定していて、賞味期限もさほど気にしなくて済むからです。

筆者がなるべく常備するようにしている食材は以下のとおりです。

  • 冷凍野菜(細切りごぼう、細切りにんじん、さつまいもスティック、ほうれん草、豚汁用野菜ミックスなど)
  • 野菜の水煮(じゃがいも、さといも、れんこん、カレー用野菜ミックスなど)
  • 缶詰・ドライパック(ミックスビーンズ、大豆、ひじきなど)

このほか、スライサーで細切りしたにんじんを冷凍しておいたりもします。自分で野菜を冷凍すると、調理したときに食感が悪くなることもあるのですが、細切りのにんじんだとその心配もありません。

冷凍野菜があれば作り置きしなくてもおかずを増やせる

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「手抜き」「料理」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧