1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. ファミリーで楽しめるレシピ
  5. 【小麦卵乳不使用】大豆粉たっぷりメープルクッキー

【小麦卵乳不使用】大豆粉たっぷりメープルクッキー

たっぷりのバターや砂糖と小麦粉ではなく、大豆粉を使用した食事感覚のクッキーレシピ。バターの代わりに米油を使用し、さくホロで癖になる食感です。小麦卵乳不使用の米粉パン教室を主宰し「みんなで食べられる」をモットーにレッスンやレシピ作りをしているてんまはるな(@harunatenma)が紹介します。

©harunatenma

米粉や小麦粉の代わりに

小麦粉のおやつが主流だった時代から、米粉やオートミール、大豆粉とさまざまな種類の粉が売られるようになりました。筆者も子育て真っ最中ですが、子どもとおやつで大豆が食べられたらうれしいという思いからできたレシピです。

今回使用する「大豆粉」は文字通り大豆を粉状にしたものですが、同じ大豆を原料とした粉として「おからパウダー」や「きな粉」があり、それぞれ製法が異なります。ご紹介するクッキーを作る際は、「大豆粉」であることを確認してください。

出典元:

大豆粉メープルクッキーのレシピ

©harunatenma

一般的なクッキーのさくさくよりはホロリとした食感と、焼けた香ばしい大豆の香りがクセになる大豆粉クッキー。

バター、卵、小麦粉不使用で、メープルシロップを使うことで白砂糖も不使用。ついつい手がのびてしまうおやつです。

材料

  • 大豆粉・・・50g
  • 片栗粉・・・20g
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 米油・・・20g
  • メープルシロップ・・・20g
  • 豆乳または牛乳…10g

使用した大豆粉

みたけ食品 失活大豆粉 500g

作り方(天板1枚分)

①大豆粉と片栗粉、塩を混ぜる

@harunatenma

ボウルに粉類と塩を入れてよく混ぜておきます。

②液体類をすべて入れる

©harunatenma

メープルシロップ、米油、豆乳をボウル内に加え、ゴムベラでしっかり混ぜます。まとまらない場合は豆乳を追加してください。

③めん棒でうすくのばす

©harunatenma

画像のように、丸くしたクッキー生地の下にオーブンシート、両端にはし、上にラップをかけてからめん棒をあてると力を入れても生地が均等な厚みにのびていきます。

©harunatenma

このようにのばします。

④切り込みや模様を入れる

©harunatenma

スケッパーか包丁でクッキー生地を切り、つま楊枝か竹串の丸い部分で穴をあけ模様をつけます。穴の模様は火通りを良くする意味もあります。

⑤予熱170℃/17~20分焼く

©harunatenma

170℃の予熱が完了したオーブンで17~20分焼きます。焼きすぎると香ばしさを通りこして、大豆粉が焦げっぽい味になりやすいので注意してください。

ガスオーブンのように強い火力の場合は、焦げそうだったら早めに出したり、オーブン温度を10℃ほど下げたりしましょう。

⑥完成

©harunatenma

大豆粉がメインのクッキーは焼き上がり直後は柔らかいので、あまり触らないよう網の上で冷ましてください。今回は生地をカットしましたが、型抜きをすることも可能です。

常備おやつに最適

©harunatenma

クッキーは混ぜてすぐにできるのでおやつ作り初心者さんにもおすすめです。バター不使用にすることで事前にバターをやわらかくする面倒な工程も必要ありません。

しっかり冷ましたクッキーは、暑い時期は100均にも売っている乾燥剤と一緒に密閉容器で保存するとよいですよ。

オーブンでほったらかしレシピ。子どもも夢中で食べる「簡単のり塩ポテト」

関連記事:

オーブンでほったらかしレシピ。子どもも夢中で食べる「簡単のり塩ポテト」

オーブン料理は、時間をセットすれば焼いている時間はじっと見ている必要も…

バター卵不使用。簡単「オートミールチョコスコーン」レシピを大公開

関連記事:

バター卵不使用。簡単「オートミールチョコスコーン」レシピを大公開

小麦粉もバターも卵も使わずにオートミールだけで作る、簡単チョコスコーン…

材料3つで作れる!子どもも食べられる、砂糖なしで甘いバナナオーツクッキー

関連記事:

材料3つで作れる!子どもも食べられる、砂糖なしで甘いバナナオーツクッキー

バナナ、オートミール、レーズンの材料3つだけで作れる簡単クッキーのレシピ…

てんまはるな(@harunatenma)のインスタグラム

おすすめ記事

「大豆粉」「クッキー」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧