パパ、ママはお弁当で節約中?大人のお弁当事情&おすすめメニュー

毎日子供のお弁当を作る、というママの話はよく聞きますが、実際はパパのお弁当やママ自身のお弁当も作っている方が多いのではないでしょうか。子供のお弁当には手間をかけたいけれど、大人のお弁当はできるだけパパっと手軽に作りたいですよね。毎日のお弁当づくりで悩むのが献立。衛生面も考慮しなくてはならないので大変です。今回の記事では、大人のお弁当におすすめの簡単にできるメニューをママリQより紹介します。

PIXTA

大人のお弁当事情!昨晩のおかずを入れるのは当たり前なの?

子供やパパ、自身のお弁当作りが毎朝の日課となっているママは多くいらしっしゃると思います。しかし、料理が苦手というママにとってお弁当づくりは一苦労であり、何を詰めたらよいのか頭を悩ませてしまいますよね。また、小さい子供がいると思うように進まず、時間が足りないなんてこともあるのではないでしょうか。

時短するために昨晩のおかずを温め直して冷まし、お弁当へ詰めるというママもいますが、それだけではお弁当が埋まらないですよね。アルミカップに入れて幅を取ったり、野菜を入れて埋めたりと工夫をしなくてはなりません。

妊娠、子育て、妊活中の女性向けアプリ・ママリQでは、旦那さんのお弁当づくりに悩んでいるママの声があがっていました。

旦那のお弁当について。
以前も何度か質問させて頂いてます。
料理が苦手で旦那のお弁当のおかずにいつも悩みます。
二ヶ月の娘がいるので前日の夜に作ってます。
冷蔵庫にある食材でパパッと作れるおかずを、できるだけたくさん教えてください。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ほんの少しのスペースに入れることができる簡単おかずがあれば、忙しいママは本当に助かります。そこで今回は、手間をかけずに作ることができるおすすめお弁当メニューをご紹介します。

料理が苦手というママでも手軽に作ることができるので安心です。忙しい朝にぴったりなメニューばかり。

ぜひ参考にしてみましょう。

先輩ママが教える、大人のお弁当におすすめのメニュー10選

弁当 PIXTA

先輩ママに聞く、大人のお弁当にぴったりな簡単おすすめメニューを10種集めてみました。簡単なだけでなく、おいしいレシピで今すぐまねしたくなることが間違いなしです。

筆者も毎日旦那さんのお弁当を作っているので、参考にしたいと思います。さっそく先輩ママの声を聞いてみましょう。

1.朝焼くだけで簡単、やみつき野菜の肉巻き

肉巻き PIXTA

わたしは、アスパラやオクラを茹でて、豚肉かベーコンに巻いて爪楊枝にさして、冷蔵庫に前日の夜に入れておきます。
朝焼くだけなので、チャチャっとできます。
あとは、ミニトマトやブロッコリーで、隙間を埋めています。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

まずはお弁当おかずの定番、「野菜の肉巻き」です。先輩ママは前日に下準備をして朝焼くだけの状態にし、時短しているそう。

忙しい朝でもパパっと作ることができるので、おすすめです。巻く野菜を変えることで飽きることなくたのしめます。

味付けも塩、しょうゆ、ケチャップなどバリエーション豊富にできるので、お弁当のおかずにぴったりです。

2.電子レンジ活用、ピーマンの塩昆布和え

ピーマン PIXTA

緑色が無い時にやるのが、ピーマンの種をとって千切りに耐熱皿に入れて酒を少し入れてレンジで50秒くらいチンしたら余分な水気をとって塩昆布を入れるのは短時間で出来るのでおすすめです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

パパっと簡単に作りたいけれど、彩りも気になるママにおすすめしたいのがピーマンの塩昆布和えです。

電子レンジでピーマンを加熱するので時短になりますし、手軽なので料理が苦手というママでも大丈夫。味付けも塩昆布の塩気のみで簡単です。

短時間で完成し、彩りもプラスできるのがうれしいポイントになっています。

3.トースターで簡単、ちくわのマヨチーズ焼き

ちくわ amana images

ちくわを半分に切ってそれを縦に切ったら、くぼみにマヨネーズと粉チーズをしてトースターで焼くのも簡単ですよ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

火を通さなくても食べられるちくわはお弁当おかずにおすすめ食材です。そのまま食べられるちくわをトースターで軽く焼くことで香ばしい味わいに。

くぼみにマヨネーズ、粉チーズを載せ焼くだけなので、あっという間に完成します。

お弁当のおかずとしてだけでなく、おつまみや夕飯のおかずとしても食べたくなりますね。

4.巣ごもり卵で野菜もタンパク質も食べられる

卵 PIXTA

おかずに困る時は、千切りキャベツと卵で巣ごもり卵を作り入れてます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

巣ごもり卵とは、耐熱容器に味付けした野菜と卵を入れてトースターやオーブンで焼く料理のことです。トースターやオーブンで焼く方法もありますが、楊枝で卵黄に数ヶ所穴をあけてラップをし、電子レンジで温めることも可能。

電子レンジで温めるときは必ず穴をあけて、破裂するのを防ぎましょう。野菜を変えることでバリエーションも増える万能おかずです。

5.ウインナーに挟んで飽き知らず

ソーセージ PIXTA

粗挽きウインナーではなく、フルトみたいなウインナに切り込みいれ、きゅうりとチーズ挟んでミートボールと串刺しにしたやつオススメです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子供のお弁当にも、大人のお弁当にも頻繁に登場するのがウインナーではないでしょうか。毎日入れていると食べ飽きてしまうなんてことも。

そんなときは、大き目のウインナーに切れ目を入れてキュウリやチーズを挟んだアレンジメニューはいかがでしょう。

ほんの少しの工夫で彩りも味も飽きないメニューに大変身するのはうれしいですね。

6.ピリッとスパイシー、キノコ七味マヨ炒め

きのこ PIXTA

残ってるキノコをマヨで炒めて、最後に七味
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冷蔵庫に余っているキノコをマヨネーズで炒め、最後に七味をふりかけた大人のおかずです。

マヨネーズのコクと、七味のピリッとした辛さがやみつきになること間違いなし。キノコは火が通りやすいので短時間で完成します。

キノコはシメジ、シイタケ、エノキなど何でもOKなのがうれしいところ。

7.彩りきれい、ちくわとカニカマの簡単おかず

弁当 PIXTA

ちくわにはカニかまを半分に裂いて突っ込んだりしてます(笑)前の晩でもパパッと仕込めますよ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

穴の開いたちくわの中にいろいろな食材を詰めることで簡単なおかずが完成します。赤色がきれいなカニカマを入れると彩り良いお弁当に大変身。

どちらもそのまま食べられるので加熱する必要がありません。まさに時短おかずにぴったりなメニューです。

食感もよく、子供から大人までおいしく食べられるおかずになっていますよ。

8.クレイジーソルトで味付け簡単野菜炒め

ブロッコリー PIXTA

茹でたブロッコリーとウインナーを炒めてクレイジーソルトと粉チーズで味付けした物を入れます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ゆでたブロッコリーとウインナーを炒め、クレイジーソルトと粉チーズで味付けした大人ソテーです。

時間のあるときにブロッコリーをゆで、冷凍しておけば使いたいときにササっと取り出せます。クレイジーソルトだけでなく、マジックソルト、ハーブソルトなどでも代用できるので、バリエーションも豊富に。

もちろんブロッコリーだけでなく、ジャガイモ、カボチャ、ニンジンなどに変えても楽しめます。

9.電子レンジで簡単ナムル

もやし PIXTA

朝起きてレンジでもやしのナムルや豆苗のナムルなどすぐ出来るものも作ってます
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

朝の忙しい時間に役立つのが電子レンジ調理。火を使わずに完成し、暑い時期でも汗をかかずに作ることができるので、助かりますよね。

モヤシや豆苗を加熱し、しょうゆ、ごま油などを合わせた調味料と和えるだけ。淡白な野菜も簡単で箸がとまらないおかずに大変身。

少し味付けを濃くすることでご飯もすすみますよ。

10.和えるだけ簡単野菜のおひたし

ほうれん草 PIXTA

なんでもいいんですけど、湯で野菜をポン酢か麺つゆかごま油であえるだけのよく入れます
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ホウレンソウや小松菜、ブロッコリー、ニンジンなどの余り野菜を加熱し、ポン酢で和えるだけの簡単和え物なら時間がなくても簡単に作ることができます。

味付けもポン酢のみなので、料理が苦手というママに作ってほしいメニューです。市販の冷凍野菜を使えばさらに時短になります。

これで料理、お弁当づくりが苦手ママも克服できること間違いなしです。

忙しい朝は簡単レシピで大人弁当を作ろう

弁当 PIXTA

先輩ママたちは、さまざまな工夫をしてパパのお弁当を作っていることがわかりました。

パパのお弁当だけでなく、子供のお弁当も一緒に作る方もいると思いますが、同じおかずに七味や胡椒などのスパイスをふりかけるだけでも、大人メニューになります。

加熱をしなくても食べられる食材を使うとさらに時間が短くすむのでうれしいですよね。そして忙しい朝は、電子レンジやトースターを活用して時短レシピを作りましょう。

今回紹介したおかずで、簡単、おいしい、彩りもきれいなお弁当があっという間にできるので、ぜひ参考にしてみてください。

お弁当を作るときは衛生面に十分気をつけて作りましょう。

今話題の記事

「パパ」「弁当」「大人」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧