年間10万円分も夢じゃない!?楽天スーパーポイントの貯め方・使い方

楽天スーパーポイントを日常的に利用している人は少なくないでしょう。楽天ポイントといえば、スーパーセールなどで「ポイント最大10倍」という文言をよく目にしますが、ポイントを貯めたり使ったりできる機会は楽天市場以外にもたくさんあります。ポイントを貯めるばかりで、あまり使用していない人は、有効期限が切れてポイントを無駄にしてしまうということがあるかもしれません。より多くポイントを貯めるコツと、無駄なくポイントを使う方法をご紹介します。

楽天スーパーポイントの貯め方

ポイントカードにはさまざまな種類がありますが、なかでも楽天スーパーポイントを貯めているという方は少なくないと思います。楽天スーパーポイントは、楽天のクレジットカードを持っていなくても、ポイントカードの利用登録をすればポイントを貯めたり使ったりすることができます。

ポイントは、楽天市場などの楽天グループの各サービスの利用状況に応じて付与されるほか、街中でカードやポイントカードのアプリを提示することで貯めることができます。

また、ポイント獲得数、獲得回数に応じた会員ランクが設けられており、ランクがあがるほどお得なクーポンがもらえたり、特別優待セールの案内が届いたりする特典があります。

街中の楽天ポイントカード提携店で貯める

ファミレス PIXTA

楽天スーパーポイントは、普段の買い物で使うであろうドラッグストアやコンビニ、飲食店などを利用すると貯まります。

  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ミスタードーナツ
  • PRONTO
  • くら寿司

上記は提携店のほんの一部ですが、他にも、メガネ店や美容室やネイルサロン、さらに引っ越し業者などでもポイントを貯めることが可能です。

特に、旅行代金などまとまった金額を支払うとその分ポイントもたくさん付与されます。大きな出費が発生するときは、そのお店で楽天スーパーポイントが貯まるかどうか確認することをおすすめします。

中にはカードを持ち歩かなくても、ポイントカードアプリの画面を見せればOKな店舗もあります。財布の中身を増やしたくない方にはアプリが向くでしょう。

楽天カードを使う

レジ amana images

楽天スーパーポイントを効率よく貯めるには、楽天カードを使うということはすでにご存じの方が多いでしょう。例えば、楽天市場での買い物であれば、楽天カードで支払いをするだけで現金よりも数%ポイント還元率が上がります。さらに、家賃や光熱費などの生活に必要な出費を、楽天カード決済にすることで一定のポイントが毎月貯まることになります。

もしも、クレジットカードでの支払いは増やしたくないという方であれば、事前にチャージが必要な楽天Edyとポイントカードが一体となったカードが選択肢になります。楽天Edyは、コンビニや飲食店など全国45万ヶ所以上の店で利用可能で、レジ前でピッとカードをかざすだけで支払いができて便利です。

例えば、1,000円のお買い物をした際、楽天ポイントカード提示によって10ポイント、Edyでの支払いによって5ポイントが一度に貯まることになります。

※楽天Edy加盟店の場合、楽天Edyで支払うと200円(税込)ごとに1ポイント、ポイントカードの提示で100円(税込)ごとに1ポイント貯まります。
※付与率は加盟店ごとに異なります。

ポイント重ね取りのコツ

買い物 荷物 PIXTA

楽天スーパーポイントは、買い物の仕方を少し工夫するだけでより多くのポイントが貯まります。

例えば、楽天市場での買い物は、支払いを楽天カードに設定したうえで、買い物の際には楽天市場のアプリを通して購入する。これだけで、現金で購入するときに比べて5倍のポイントが付与されます。

さらに、楽天市場でのスーパーセールなどのポイントアップ時に、日常的に使用するものをまとめて購入する方法もおすすめです。

ただし注意したいのが、「ポイントがたくさん貯まるから」といって無駄な買い物をしないこと。子供がいる場合、おむつやおしりふきなどの重くて持ち運びしにくく、必ず使うものを買うとよいでしょう。

楽天スーパーポイントの使い方

編集部撮影

楽天スーパーポイントを使う方法の中でも楽天市場や楽天デリバリーなどは、すでにご存じの方もいるでしょう。しかし、実はポイントには2種類あり、それぞれの特徴を理解しておかないと、気づかない間に失効してしまうことがあるのです。

ポイントには、通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があり、それぞれ有効期限が異なります。通常ポイントは、最後にポイントをもらった月を含めて1年間ですが、期間限定ポイントはキャンペーンによって異なり、2週間という場合もあるのです。

せっかくもらったポイントを無駄にしないためにも、こまめにチェックしたいですね。

楽天ペイ経由なら無印良品など別の通販サイトでも使える

無印 amana images

楽天スーパーポイントは提携している店であれば利用できることはご説明済みですが、それはECサイトにおいても同じです。楽天市場など以外でも、楽天ペイというオンライン決済を利用することができます。

楽天ペイは、決済時に楽天会員のIDにログインするだけで、登録しているクレジットカード情報を利用して、簡単に決済ができるというもの。もちろん楽天スーパーポイントの獲得・使用も可能です。

楽天ペイが利用できるのは、無印良品やTOHOシネマズのネット予約など、さまざまなECサイト。普段利用するところがないか、確認してみるとよいでしょう。

街中のお店での支払いにも使える

ローソン amana images

買い物をする際、「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれることはあっても、「ポイントを使用しますか?」と声をかけられることは少ないかもしれません。

しかし実際には、ポイントを貯められる店であれば現金の代わりに使用できる場合が多いものです。1ポイント1円換算で、支払い時に端数の分だけポイントを使うという方法もあります。

具体例としては、コンビニのローソンでも支払いに、上述の楽天ペイを使用することも可能です。コンビニでちょっとした買い物をする方は、ポイントを使用してみてもよいかもしれません。

楽天スーパーポイントを効率よく貯めよう

通販 PIXTA

楽天カードは、テレビCMや広告を見る機会が多く、認知度の高いカードと言えますよね。日常的に楽天カードを利用している方に加えて、ポイントカードだけを利用している方もいるでしょう。

楽天スーパーポイントは、楽天グループの利用以外にもさまざまなタイミングや場所で貯めたり使ったりすることができます。日常生活で必要な出費でポイントを貯めたり、少しの工夫でより多くのポイントが貯まったりするとうれしいですよね。

ただし、貯まったポイントには期限があり、特に期間限定ポイントは短期間で失効してしまうことがあります。せっかくもらったポイントを無駄にしないためにも、定期的にポイントを確認する習慣をつけるとよいですね。

「使い方」「楽天スーパーポイント」「貯め方」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧