私立幼稚園と公立幼稚園の違い、双方の特徴を紹介

子供ももうすぐ幼稚園に入学。その成長をうれしく思う反面、悩みになるのが私立と公立のどちらに通わせるべきか?ということですよね。それぞれに特徴があり、家庭によって選択が変わってくるため、どちらが良いと一概にはいえません。私立と公立それぞれの違いとメリット、デメリットについてご紹介します。家庭で話し合いの場を持ち、子供にとってどのような環境が望ましいか考えてみましょう。

プレミアム記事

PIXTA

私立幼稚園の特徴について

私立幼稚園の特徴としてまず挙げられるのは、園によって教育方針が違うというところ。園を運営する団体が異なるため、園によって考え方が違うのです。

教育内容に特徴が出やすい

私立幼稚園の教育方針はそれぞれ異なっていますが、教育内容に特徴がある園が目立つようです。最近の学習内容としては、英語やリトミック、体操、スイミングなどが挙げられます。

幼稚園に通っている子供たちは、初めてのことに興味を示す年代といえます。幼稚園生のころからいろんなことを学ばせたいのであれば、公立よりも私立の方がおすすめでしょう。

また、学習内容だけではなく、行事が充実している園もあるよう。課外学習など、子供が楽しめる要素が多いことはうれしいですね。

月謝は公立よりも高め

私立幼稚園は自治体からの補助を受けずに運営されているため、費用は高めになっています。その月謝額は園によりますが、25,000円~30,000円ほどが相場でしょう。その他に、絵本代やバス代、給食費、教材維持費、設備費などがかかる場合もあります。

さらに、忘れてはいけない費用が入園料です。入園が決定した時点で支払わなければならない費用ですが、金額は60,000円~140,000円と園によってかなり幅があります。希望する幼稚園で何にどれだけの費用がかかるのかという点は、願書を提出する前にしっかりと確認しておきましょう。

宗教系の幼稚園もある

寺 PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「幼稚園」「私立」「公立」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧