監修:齋木啓子 先生

ノロウイルス感染後の水分補給や食事はどうする?離乳食の進め方は?

特効薬がないといわれるノロウイルス感染症。嘔吐などの症状があらわれたら対症療法をとることが一般的です。脱水状態になるのを防ぐため、こまめに水分を補給するよう医師から言われることがあるでしょう。しかし、水分を摂る量やペースなど、いざその時になると迷うもの。食事にしても、どれくらいまで体調が回復すれば通常の内容に戻してよいのか判断がつきにくいものです。この記事では特に乳幼児のいる家庭に向けて、ノロウイルス感染後の水分補給や食事のポイントをまとめました。

プレミアム記事

PIXTA

ノロウイルス感染後は水分補給が大切

ノロウイルスに感染したときは水分をこまめにとって、脱水症状を防ぐことが大切です。ただしひどい嘔吐が続く間は無理に飲ませないようにしましょう。小さな子供に水分を与えるポイントは次の通りです。

こまめに少しずつ与える

水 PIXTA

ノロウイルスに感染していると胃腸が弱っています。脱水が心配だからと一気に飲ませても体が水分を吸収できません。本人が飲みたがっても多量に飲ませないようにしましょう。

感染後はじめて与える水分量の目安は大さじ1杯程度(15ml)。その後、30分ほど様子をみて吐き気が起きないようなら、再度大さじ1〜2杯(15〜30ml)を飲ませます。この間隔で少しずつ量を増やしていきましょう。

経口補水液を与える

 経口補水液 PIXTA

経口補水液は電解質や糖分をバランスよく配合した飲料です。体液の組成に近いので吸収されるスピードが速く、嘔吐や下痢で失われたミネラル分を補給できます。

他には、湯ざましや麦茶、薄めたりんごジュース、子供用のイオン飲料などもいいでしょう。冷やしたものは胃腸に負担をかけてしまうので、常温にしてから飲ませてください。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ふれあいファミリークリニック 院長

齋木啓子 先生

「食事」「ノロウイルス」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧