監修:鈴木さや子 さん

シングルマザーは収入がいくらあれば安心?収入増に役立つ制度も紹介

離婚をしたいけれど、自分一人の収入で子供を育てながら生活しているかどうか不安。あるいは既にシングルマザーとして生活しているけれど、生活が苦しい。そんな悩みをもつ方々へ向けて、一体いくら収入があれば親子で安心して暮らしていけるのか、ファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

プレミアム記事

PIXTA

シングルマザー世帯の平均年収は300万円前後

シングルマザーの世帯は、どのくらいの収入で家計をやりくりしているのでしょうか。

表は、シングルマザーになった理由別に見た年間収入のデータです(厚生労働省「平成23年度全国母子世帯等調査結果報告」より)。

「平均年間就労収入」は母親自身の収入、「平均年収」は養育費や児童手当、児童扶養手当、その他手当や同居人(実家暮らしの場合の親や兄弟)の収入も含んだ世帯全体の金額です。

「厚生労働省>平成23年度全国母子世帯等調査結果報告>ひとり親世帯の平成 22 年の年間収入 >表16-(1)-2 母子世帯の母の年間就労収入の構成割合・ 表16-(1)-3 母子世帯の世帯の年間収入の構成割合」より著者作成

このデータからは、シングルマザーになった理由によって平均年収に違いがあると読み取れます。

死別の場合は遺族年金や生命保険があること、また未婚の場合は実家暮らしが多いと想定できることから、全体平均よりも平均年収(世帯)は高めといえます。一方、離婚を理由とするシングルマザー世帯の年収は、両者に比べると同等か低いようです。

世帯の月収に換算すると約23万円

次に、離婚したシングルマザー世帯の1ヶ月あたりの収入をみてみましょう。上表の金額をもとに計算しました。

  • 母親自身の月収:176万円÷12ヶ月=15万円
  • 世帯全体の月収:276万円÷12ヶ月=23万円

母親自身の月収15万円に養育費や手当など約9万円がプラスされ、世帯全体の収入は約23万円とみることができます。

もちろんあくまで平均データであり、これより高ければ良い、低いと良くないということではありません。シングルマザーがこのくらいの収入で生活しているという目安として考えてください。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「シングルマザー」「収入」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧