初めての冬、赤ちゃんにはどんな服を着せる?月齢別アドバイス

秋がこの間やってきたと思ったら、もうすぐにの足音が。だんだんと寒さが厳しくなってくると、赤ちゃんの服装に悩むママはいるのではないでしょうか。室内での服装はもちろんのこと、買い物をするとき、ベビーカーでお散歩するときなど、赤ちゃんが寒さを感じないようにするためには、どのような服を着せればよいのでしょう。赤ちゃんの服装は室温や気温に合わせた調整のしやすさが大切。月齢別で、におすすめのコーディネートをご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

赤ちゃんに冬服を着せるときのポイント

大人なら「暑ければ脱ぐ、寒ければ着る」という服装による調整が簡単にできますが、赤ちゃんは自分の力で服を脱いだり着たりはできません。そのため、パパやママが赤ちゃんの服装を気に掛けながら過ごさなければなりませんよね。しかし、時間帯や屋内、屋外によって気温は大きく変動します。いったい何を着せるのが正解なのか、頭を抱えてしまうものですね。

冬のショッピングセンターなど、屋内施設では暖房を運転させている場合が多く、室内は暖かく外は寒い状況です。ちょうどよい服装を保つには、重ね着で調節するのが一番でしょう。特に肌着は、汗を吸収し体の清潔さを守る役目もありますので、必ず着せてください。

服の素材も大切で、綿素材は肌触りがよく、吸湿性・通気性があります。ぜひ、肌着は綿素材のものを選びたいですね。寒い時期は厚手の綿肌着を販売しているお店があります。育児グッズ専門店などを探してみましょう。

出典元:

月齢別、冬の赤ちゃんコーディネート例

赤ちゃんの月齢別で、冬場を快適に過ごすためのコーディネートについてご紹介します。

※ここに示した身体の変化や胎児の成長、服装はあくまでも目安です。お住まいの地域や、お子さんによっても寒さの感じ方は異なるため、地域の気温や赤ちゃんの様子に合わせて調節してください。

0ヶ月から2ヶ月(新生児期)

Ⓒママリ

生後1ヶ月まではできるだけ外出を控え、室内で過ごしましょう。あまり動くことがないため、運動によって体温が上がることはあまりないでしょう。そのため、服装は大人より1枚多めが望ましいですが、着せ過ぎには注意しましょう。

生後1~2ヶ月は短肌着の上にコンビ肌着を重ね着し、その上から気温に応じてカバーオール、赤ちゃん用ベストを着せて調節するなど、工夫して過ごせるとよいですね。

おでかけをする際には羽織らせやすい前開きのアウターのほか、つなぎの上着だとおなかが冷える心配がなく安心です。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「赤ちゃん」「冬」「着方」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧