職場復帰までに「これだけやっておけばOK」チェックリスト

育休明けの職場復帰は、仕事の勘が戻るのか?子育てと両立するためには何をしたらいいのか?とさまざまな不安があるでしょう。保育園が無事に決まり、4月から職場に復帰する予定の方に向けて、今から復職日までにやっておきたいことを時系列でまとめました。子供にとってもママにとっても、新しい生活のスタート間近。できるだけスムーズに職場復帰を迎えられるよう、ぜひ参考にしてください。

プレミアム記事

amana images

保育園が決まったら、いよいよ職場復帰に向けた準備をスタート

保活も無事に乗り越えて、保育園に入園できることが決まったら、まずやっておきたいのは会社への連絡です。必要な事務手続きは、会社から指示がありますので、その通りに進めましょう。

一つ一つの手続きや作業は簡単でも、子供の入園準備と並行していくこととなるので、意外と時間は足りないもの。直前になってあわてることのないように、復職後の生活をイメージしながら、ノートや手帳に今のうちにできることをリスト化してみましょう。リストを作ってみると、漠然としていたやるべきことが可視化され、準備も進めやすくなりますよ。

復職日に向けて準備すべきこと五つ

会社とのやりとり、仕事をしながら家事をこなすためにするべきことなど、育休明けの職場復帰に向けて具体的に準備しておきたいことは大きく分けて、次の五つ。一連の流れを把握しておくと、計画が立てやすくなります。

1. 会社と面談などを通して条件面を話し合っておく

人事 amana images

保育園が決まって復職できる見込みが立ち、勤務先に連絡を入れると、おそらく1回は面談が設定されるはずです。

会社の人事担当や上司と面談・連絡を取り合いながら、復職後の働き方や条件面をすり合わせ。復職日を決定し、必要な書類手続きをするためにも必ずやらなければならないことです。

また、復職後に周囲の理解と協力を得ながらスムーズに仕事を進めるためにも、この段階で自分のスタンスや働き方を会社側にしっかりと伝えて理解しておいてもらうことが大切です。

具体的には、まず面談前に「復職日」「勤務時間」「仕事内容(配属部署や業務内容)」など自分の希望を整理しておきます。細かく決められなくても、大まかな方向性を自分の中で決めておくと、いざ面談時に会社の意向(どう働いてもらいたいのか)と自分のスタンスをすり合わせる際にスムーズです。

会社によっては働くママの前例が少なく、職場復帰の受け入れに不慣れな場合もあります。だからこそ周囲の協力を得ることが大切。この段階で上司や同僚にそれとなく根回しができると理想です。

復職前の面談で職場に報告すること、お願いすること

関連記事:

復職前の面談で職場に報告すること、お願いすること

保育園が決まり、いよいよ復職。しかし、復職が決まったからといっていって…

プレミアム記事
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「職場復帰」「チェックリスト」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!