1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の病気・トラブル
  4. 赤ちゃんの便秘は排便回数と硬さで判断。ホームケアのポイント

監修:齋木啓子 先生

赤ちゃんの便秘は排便回数と硬さで判断。ホームケアのポイント

赤ちゃんが便をする頻度には個人差があります。毎日便が出ていなくても心配がいらない場合があるのですが、どうなったときに受診すべきか、タイミングが難しいですよね。赤ちゃんはまだ言葉を話さないため、便が出ていないことが苦しいかどうかもわかりにくいでしょう。そこで、便秘に関する受診の見極め方や、便秘に対してママができることをご紹介します。排便のペースや便秘の状況は赤ちゃんごとに異なるため、赤ちゃんの様子を見ながらケアをしていきましょう。

プレミアム記事

amana images

週2回以下の排便で、便が硬い場合は便秘

赤ちゃんの排便が少なくなると「便秘で苦しいのではないか」と心配になるかもしれません。乳児の場合、排便が週2回以下、あるいは便が硬くて排便時に痛みがあり、以下の基準に少なくとも一つ当てはまる場合、便秘であるとみなされます。

  • これまでに、便が過度にたまってしまったことがある
  • これまでに、痛みを伴う、あるいは硬い便通を経験した
  • トイレに詰まるくらいの大きさの便が出たことがある
  • 直腸に大きな便のかたまりがある

赤ちゃんの便秘は、腸内にガスがたまっていたり、水分が不足していたりするときに起こる可能性があります。また、離乳食を始めている子供であれば、開始したばかりの時期や、後期に差し掛かって好き嫌いや食べムラが起こったときにも便秘になることがあります。

便が硬い状態になって排便しにくくなると、痛いため便を出そうとしなくなり、さらに便が硬くなるという悪循環が起きてしまいます。そうした状況になる前に、スムーズに便を出せるようにサポートしてあげたいですね。

出典元:

知っておきたい、便秘のホームケア

ママ ケア PIXTA

それでは、実際には赤ちゃんにどんなケアをするとよいでしょうか。具体的なホームケアの方法をお伝えします。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

記事の監修

家庭医、在宅医

齋木啓子 先生

2004年島根医科大学卒。独立行政法人国立病院機構姫路医療センターにて初期研修、CFMDにて家庭医療後期研修および在宅フェローシップ、Leadership Training Fellowship-distant(LTF-distant)修了。
12年にふれあいファミリークリニックを開設し、院長として勤務。17年にEU Business SchoolにてMaster of Business Administrationを取得し、LTF-distant運営・指導に当たっている。現在は悠翔会在宅クリニック渋谷で院長として勤務。
家庭医療専門医、在宅医療専門医、経営学修士。

おすすめ記事

「便秘」「子供」「ホームケア」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧