監修:鈴木さや子 さん

住宅ローン借り入れの審査基準とは?大まかな流れと必要な書類

マイホームを購入する際、たいていの場合は住宅ローンを組むことになります。住宅ローンは希望すれば誰でも借り入れられるわけではなく、金融機関などによる審査があります。審査の流れや審査基準、手続きに必要な書類についてファイナンシャルプランナーが解説します。

プレミアム記事

PIXTA

住宅ローン審査の流れと必要な書類

住宅ローンは、まず事前審査があり、次に本審査に進むという流れになっています。ここでは事前審査と本審査それぞれのスケジュールと必要な書類についてお伝えします。

事前審査

物件 PIXTA

購入したい物件が見つかったら、まずは借り入れ予定の金融機関で事前審査の申し込みをしましょう。最近はインターネットで受け付ける金融機関も増えてきました。結果は早ければ当日、遅くても1週間ほどでわかります。

事前審査では主に本人の返済能力と信用度が調べられます。金融機関によって多少異なりますが、必要な書類は以下の通りです。一部のネット銀行のように、必要事項をフォームに入力するだけで書類の提出をしなくてよいところもあります。

  • 事前審査申込書
  • 本人確認書類(免許証や健康保険証パスポートのコピー)
  • 収入がわかるもの(源泉徴収票、または確定申告書の控え)
  • 住宅ローン以外の融資の返済予定表
  • 購入予定の物件情報(チラシやパンフレットなど)

事前審査申込書には借入希望額に加えて、勤務先や勤続年数、年収、生年月日、住所、氏名、家族構成、他の借り入れ状況といった個人情報を記入します。なお、借入可能額はこの事前審査で決まります。

事前審査を受けずに本審査から受けられる金融機関もありますが、本審査前には物件の契約を済ませておかなければなりませんし、準備する書類もより多くなります。よほど結果に自信がある場合を除き、簡単に申し込める事前審査を受けておくほうがよいでしょう。

本審査

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「住宅ローン」「審査基準」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!