「うちの家系じゃない」子供の個性を家系のせいにする義母

義実家では、義母とママが子供の成長や性格について話すことがあるでしょう。その際「うちの家系」という言葉を義母が口にするのを聞いたことはありませんか。わが子の優れている点に対して「さすが」とほめるために使うならまだしも、義母が不満に思う点に対して「こういう子はうちの家系にいない」と言われるとショックを受けるでしょう。義母の話に対する切り返し方について、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎはるみ)さんに聞きました。

プレミアム記事

PIXTA

子供の性質に「家系」は関係ないはずなのに…

赤ちゃんの成長は家族みんなにとってうれしいもの。パパやママだけでなく祖父母も、会うたびに大きくなる孫の姿に、目を細めているかと思います。

両家の祖父母が孫の成長を見守ってくれるのは心強く思えますが、中には義母の心ない発言に胸を痛めている方もいるようです。

息子が産まれ1歳3ヶ月になろうと、しています。新生児黄疸、発達の遅れ、喘息これらすべて・・。義母にうちの家系には居なかった・・。と言われます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
いい所は皆義家族に似てると言われ
悪いところはうちの家系じゃないの?とか
言われます。わたし的に悪いところは
あなた達ですよって感じです(;´Д`)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんはパパとママの子であって、どちらの家の子というわけではありません。子供の性質に対して義母が言う「家系」という言葉には違和感を持つ方もいるでしょう。

さらに、義母の個人的な価値観で、どちらに似ている、または似ていないと判断されては、なんとも腑に落ちない気持ちになりますよね。

義母が家系を話題にしたがる理由

ばあちゃん amana images

義母が家系を話題にしたがる理由について、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎはるみ)さんは以下のように語ります。

「『〇〇家を守ってきた』という誇りを持っている義母は、血筋に関する話題を好むかもしれませんね。もし、その家に嫁いだ身であっても、嫁としての自分に自信があるために、どちらの家の人間により似ているかを話題にしたがるのです」(高草木さん)

義母の発言の裏には、高いプライドがあることがうかがえます。また、理想と違う部分は「自分の家系」として受け入れられないのも、プライドが高い義母の特徴。子供には、両家のどちらにも分類できない「生まれ持った性質」がたくさんあるものですが、義母の自信が、視野を狭めてしまっているともいえそうです。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「発言」「家系」「義母」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧