44歳で初産、46歳で第2子出産! 加藤貴子さんの「妊活のためにやったこと」とは?

妊活はなかなかゴールが見えないため、つらいと思う方もいると思います。うまくいかないことが続いてしまうと、憤りさえ感じてしまうこともあるかもしれません。皆さんは女優の加藤貴子さんをご存じですか?44歳で初産、46歳で第2子を出産しており、妊活中いろいろとつらいことを乗り越えてきたそうです。今回は、加藤貴子さんが妊娠に至るまで、妊活のためにやったことを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

加藤貴子さんとは?

加藤貴子さんは1970年10月14日生まれ、静岡県出身で、1995年から女優として活躍されています。

TBS系ドラマ「温泉へ行こう」シリーズの主演を務めるほか、同局系のテレビドラマ「花より男子」、「南極大陸」、テレビ朝日系ドラマ「科捜研の女」に出演されています。「花より男子」は見たことがあるというママもいると思います。

加藤貴子さんは女優として活躍する一方で、2013年10月に一般男性と結婚されます。そして2014年11月に第1子である男児を、2017年8月に第2子となる男児を出産されています。2014年当時加藤貴子さんは44歳、第2子を妊娠された時は46歳だそうです。

42歳から不妊治療を始めたという加藤貴子さん。不妊治療中、不妊治療の現実、3度の流産、そして夫とのすれ違いからの妊活クライシスなどさまざまなつらい思いを経験されました。今では子供を望む方々に対して、妊活はなるべく早くスタートしてと訴えています。

出典元:
  • 主婦と生活社「加藤貴子、42歳からの不妊治療と46歳にして第2子出産「親の責任」を語る」(http://www.jprime.jp/articles/-/12065,2018年8月17日最終閲覧)

「妊活のためにやったこと」を紹介

つらい妊活を乗り越えた加藤貴子さん。ではいったいどのようなことを行ってきたのでしょうか。

加藤貴子さんが実際に行ってきた「妊活のためにやったこと」を紹介します。妊活で悩んでいるママは、まずできることから実践してみてください。

1.45分のウォーキングで着床力をUP!

©ワニブックス

毎日妊活のため45分のウォーキングを行ってきた加藤貴子さん。

長時間の有酸素運動は血流を良くすることで身体にたまっている老廃物を排出しやすくし、筋力をアップしてくれるそう。

ウォーキングをする場所にもポイントがあり、坂道などのアップダウンのある場所で行うことがおすすめとのこと。

毎日続けるのは大変かもしれませんが、加藤貴子さんは主治医とその病院に勤める看護師さんたちも45分間のウォーキングを実践していたため、頑張ろうという気持ちになり、続けられたみたいですよ。

2.規則正しい生活をしておいしく食べる

©ワニブックス

もともと痩せていた加藤貴子さん。妊活を始められたときの体重は30キロ台だったそうです。主治医から痩せすぎと言われた加藤貴子さんは身体作りを始めます。

指示された理想のBMI値22を目指すために、規則正しくバランスのよい食事を心がけたそう。以前の食生活は不規則かつ猛スピードで食べるというものだったのだとか。加藤貴子さんの場合、ドカ食いをすると消化吸収されていなかったのだそう。

さらに、どんなに遅く寝ても同じ時間に起きることを心がけ、起床時間を一定にしたようです。

3.自己流の漢方やサプリは医者に見直してもらう

©ワニブックス

妊活中不安になると、インターネットや口コミで評判がいいものを試したくなるというママもいると思います。加藤貴子さんも同じく、わらをもすがる思いでサプリメントや漢方、鍼治療を試されたそうです。

しかし、それが一層妊活のことで悩むことになってしまい、主治医へ相談。加藤さんが妊娠する方法は医師たちが考えるべき部分なので、これからはリラックスをして楽しいことだけ考えて過ごすよう言われます。

その後は余計なことを考えるのをやめ、医師の指示通りリラックスして過ごすことにしたそうですよ。悩んでいるときは主治医に相談すると、心強い言葉を得られるかもしれませんね。

4.第2子の妊活ではサプリメントを活用

©ワニブックス

第1子を妊娠・出産し、第2子の妊活を始めた加藤貴子さん。しかし、育児、家事、仕事に追われなかなかうまくできずにいました。同じ立場のママもいるのではないでしょうか。

そこで加藤さんは、相談した主治医にすすめられて、サプリメントを飲むことをにしたそうです。

サプリメントを飲むことにより、今の生活でできないことを補えたように感じて、ストレスを軽減できたそうです。きちんと医師に相談し、サプリメントなどをうまく活用してママの負担を減らすことは、悪いことではないのかもしれませんね。

5.笑って過ごそう

©ワニブックス

「なるべくストレスをやり過ごす」。これが加藤貴子さんの妊活にとって最も大切なことだと言います。しかし、なかなかずっと笑顔でいるのも難しいですよね。

そんな加藤貴子さんの笑顔の源は夫。ある日加藤さんが前歯の手術をした後、治ったと思ったらポロッと歯が抜けたことがあったそう。そのとき夫が真顔で初めて「かわいいよ」と言ったことに、加藤さんは思わずふいてしまったのだとか。

ほかにも、散らかった部屋で子供をおんぶして洗濯物を干している加藤さんの様子を夫が撮影。その写真がまるで昭和のお母ちゃんのような姿で、自分の理想の育児とは真逆の姿に笑ってしまったことも。どんなときでも笑える要素があることに気づかされます。

せっかく夫婦になれた2人。お互いにささいなことでも笑いあえることは、とても素敵ですよね。

加藤貴子さんの妊活をまとめた「大人の授かりBOOK」が発売中です

加藤貴子さんは20代なかばで結婚し、3人の子供に恵まれ、50代手前で趣味に没頭するという理想を描いていらっしゃいました。子供の頃同じ想像をしていたママもいると思います。

どうしても欲しかった子供のため、42歳で不妊治療をスタート。貯金はすべて医療費に消え、後悔と焦りと不安を抱え、常に時間に縛られていた妊活だったと言っています。

友だちや義姉と励まし合い、支え合い、そして夫婦で取り組んだ妊活。夫は子供ができるまで籍を入れないと言っていたそうですが、籍を入れていないと不妊治療ができないと言われる病院も多いため、入籍。絵描きだった夫は介護とお花屋さんのバイトもはじめ、妊活と育児に奮闘してくれたそうです。

そんな加藤貴子さんが、妊活中に起こったさまざまなできごとをつづった本が発売中です。

大人の授かりBOOK 焦りをひと呼吸に変えるがんばりすぎないコツ

不妊治療を経て、44歳、46歳で出産した加藤貴子さんが、妊活中の方に伝えたい、妊活クライシスにならないための小さな習慣を紹介した本。

妊活中の加藤さん夫婦が行った実践例から、不妊治療の病医院選びとお金の話、さらに加藤貴子さんの主治医に不妊治療に関する質問も掲載されています。

妊活をした時間が、夫婦のきずなを強める「何か」であってもらいたいと語る加藤貴子さん。妊活中夫婦関係に悩んでいるときに手を取ってもらいたい一冊です。

つらい妊活。本で心を軽くしてみて

©ワニブックス

妊活をした時間が夫婦のきずなを強めると語る加藤貴子さん。確かに、妊娠するのはママですが、1人で妊娠することは不可能です。そのため、パートナーの力がとても大切になっていきます。

しかし、なかなか赤ちゃんができないことでギスギスした夫婦関係になってしまい、妊活クライシスを起こしてしまう方もいらっしゃいます。

そんなとき寄り添ってくれるのが、今回紹介した加藤貴子さんの著書。ぜひつらいときには手に取ってみて、心をすっと軽くしてくださいね。

不妊治療をした加藤貴子さんの「妊活でつらいとき」にがんばりすぎない7つのコツ

関連記事:

不妊治療をした加藤貴子さんの「妊活でつらいとき」にがんばりすぎない7つのコツ

妊活中つらいことがあったりしんどい場面に出くわしたり、何かと気持ちが塞…

44歳、46歳で出産をした加藤貴子さんの「妊活で行き詰まりを感じたら考えてほしいこと」

関連記事:

44歳、46歳で出産をした加藤貴子さんの「妊活で行き詰まりを感じたら考えてほ…

近年、耳にすることが多くなった「妊活」。妊活はなかなかゴールが見えない…

今話題の記事

「妊活」「加藤貴子」「高齢出産」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 主婦と生活社「加藤貴子、42歳からの不妊治療と46歳にして第2子出産「親の責任」を語る」(http://www.jprime.jp/articles/-/12065,2018年8月17日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧