安めぐみさんと東MAXさん夫妻の作るごはんがおいしそう! まねしたくなるメニューを紹介

安めぐみさんと東MAXさんは、小さなお子さんがいながらもテレビや雑誌と活躍の場を広げ、家事や育児を両立している芸能人夫婦。そんな夫婦の日常を、ブログからのぞくことができます。特に目を引くのが2人が作るかずかずの料理。ママである安さんだけでなく東MAXさんも料理をしていて、「主人ご飯」を日々披露しています。今回はその気になる料理を、ブログから一部紹介。とてもおいしそうで、思わずまねしたくなってしまうかもしれません。

安めぐみさんと東MAXさん夫婦のプロフィール

安めぐみさんは1981年12月22日生まれ。タレントとしてドラマや映画、舞台と幅広いジャンルで活躍しています。趣味は音楽鑑賞や体を動かすことで、アロマテラピーアドバイザーの資格を所持しています。

東MAXさんは1969年12月31日生まれで、コメディアンでタレントの東八郎さんを父に持ち、バラエティーや情報番組などで活躍中。サーフィンを趣味にしているほか、船舶免許2級、江戸文化歴史検定2級・3級の資格も所持。

2人は2011年12月21日に結婚、2015年には待望の女の子が誕生しました。恩師である萩本欽一さんにお願いし「詩歌(うた)ちゃん」と命名。テレビでもエピソードがたびたび話題になるほど、仲の良さがうかがえます。

安めぐみさんがつくる料理を紹介

安さんのブログでは、家族のことや自身のことをつづる中、料理の写真も投稿しています。家族への愛情あふれる料理は、同じママとしてまねしたいものばかり。

なんと料理本も出版している安さん。今回は安さんの手料理を写真と共に紹介します。色鮮やかで、家族の健康を考えた料理になっているので、ぜひ参考にしてみましょう。

1.セロリのスープとキヌアのサラダ

©Ameba

朝食の写真から紹介するのは「セロリのスープ」と「キヌアのサラダ」です。筆者個人、セロリは調理法がなかなか思いつかない食材なので、スープにしてしまうのはとても良いアイデアだと感じました。

起きたばかりの体は、スープを飲んで温めるのがおすすめ。今話題になっている食材のキヌアをサラダにし、一緒にいただいています。

キヌアは穀物で、若い女性を中心に注目を集めている食材。安さんは友人がキヌアのサラダを作ってくれた以来、ハマっているんだとか。

とてもおしゃれな朝食でうらやましいです。

2.鶏肉と白菜のショウガスープ

©Ameba

こちらも朝食に作ったスープで「鶏肉と白菜のショウガスープ」になります。ぷりぷりな鶏肉と白菜は相性抜群。鶏肉、白菜のだしがたっぷりでたスープはおいしいこと間違いなし!

ショウガを加えることで体も一層ぽかぽか温まります。白髪ネギをトッピングして、レストランで食べるスープのようですよね。

朝からこんなスープが飲めるなんて、ご家族がうらやましいかぎり。安さんの料理上手なのがわかりますね。

3.ホウレンソウ、シメジ、ベーコンのキッシュ風

©Ameba

こちらは「ホウレンソウ、シメジ、ベーコンのキッシュ風」です。耐熱容器にホウレンソウ、シメジ、ベーコン、卵を入れて焼き上げています。

牛乳ではなく、豆乳を入れて焼くのがポイントのよう。とてもおしゃれな朝食で、これなら野菜が苦手というお子さんでも食べられそうですよね。

また、朝食としてだけでなくおもてなし料理にも使えそう。料理が苦手なママにもまねしやすいメニューではないでしょうか。

4.スープパスタ

©Ameba

冷蔵庫にある食材でパパっと料理をしてしまう安さん。この日は、冷蔵庫にあったもので「スープパスタ」を作ったとつづっています。

あるものだけでサッと一品作れることから、料理が得意だということがうかがえます。これは男性も大満足な一品なのではないでしょうか。今まで紹介した料理を見ると、安さんはスープ類が得意なのかな?と筆者は思いました。

どれもおいしそうで、思わずまねしたくなるメニューばかりです。

東MAXさんがつくる「主人ご飯」を紹介

実は料理をするのは安さんだけではありません。夫である東MAXさんも料理をします。東MAXさんの作る料理を「主人ご飯」と名付けており、写真を見るとどれもクオリティの高さがうかがえますよ。

いったいどのような「主人ご飯」なのか、のぞいてみましょう。

1.キャベツのステーキとアスパラの豚肉巻き

©Ameba

ドンッとお皿の上にたたずんでいるのはキャベツをそのまま焼いた「キャベツステーキ」で、奥に見えるものが「アスパラの豚肉巻き」です。

豪快に焼かれたキャベツのステーキは、まさに男性らしいメニューではないでしょうか。アスパラの豚肉巻きは、お弁当のおかずとしても活躍してくれそうです。

それだけでなく、半熟目玉焼きが載っていて食欲がそそられますね。写真を見るだけでおなかが鳴ってしまいます。

2.豆腐ハンバーグ

©Ameba

ダイコンおろしをたっぷりのせた「豆腐ハンバーグ」は、通常のハンバーグに比べサッパリしているので女性にはうれしいですよね。

一緒に混ぜ込んでいる緑の食材は何か気になります。料理ができる男性はやはり素敵ですね。一緒にミニトマトも添えられており、彩りはばっちりです。あまりのおいしさに、ご飯を何杯も食べてしまいそう…。

3.山芋と海鮮お好み焼き

©Ameba

お好み焼きといえば、混ぜる具材によってバリエーションが広がる料理ですよね。東MAXさんが作ったお好み焼きは「山芋と海鮮お好み焼き」。

山芋を入れることでふわふわな食感に焼き上がり、おいしさが格段にアップします。海鮮はどんなものを混ぜているのか…食べてみたいです。

普段の食事だけでなく、パーティーなどにも合う料理ですよね。

4.具だくさんスープ

©Ameba

先ほど紹介した「山芋と海鮮お好み焼き」と一緒に写されているのが「具だくさんスープ」。肉やタマネギ、ニンジン、ジャガイモがゴロゴロ入っています。

食べ応え抜群で、おなかも心も大満足なスープではないでしょうか。ご飯にもパンにも合いそうですし、味付けを変えることでバリエーションも広がりますね。

作る料理どれをとってもおいしそうですし、東MAXさんが作ったとは驚きです。

5.納豆オムレツと豚肉と野菜のショウガいため

©Ameba

そして最後は「納豆オムレツと豚肉と野菜のショウガいため」です。どちらもシンプルだからこそ、奥が深く難しいメニューですが、東MAXさんは家族のために作ってくれます。

筆者の夫は料理をしないため、すばらしいなと思いました。安さんがお仕事などで料理ができないときがあっても、東MAXさんがいれば大丈夫ですね。

これからも安めぐみさん、東MAXさん夫婦の料理が楽しみ

©Ameba

安さんも東MAXさんも料理が上手で、忙しいながらもお互いを支えあっていることがわかりました。どちらの料理も作ってみたいものばかり。

芸能人だから、私たちとは違う食事なのでは…と思いましたが、素朴でありながらもおしゃれな料理でしたね。使う食材も身近なものだったので、明日からまねできそうです。

育児、仕事、家事と大変なことばかりだと思いますが、その中でも家族の時間を作っている様子もブログから見られます。現在はアメブロではなく、LINEブログに移行しているのでそちらをチェックしてみましょう。これからも2人の料理が楽しみですね。

「安めぐみ」「東MAX」「ごはん」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧