夏は「ニトリのNクール」!今年は「スターターセット」から「Nクールプレミアム」まで登場

夏がくると毎日寝苦しく、子育て中のママは夜泣きや授乳も重なりとてもつらいですよね。できればエアコンをあまり使わず、夏の夜を快適に過ごしたいものです。そんな夏の夜には、ニトリのNクールがおすすめ。今年の夏はNクールを活用して、快適に眠りましょう。「自宅の近くにニトリがない…」という方も通販サイトでの購入が可能です。ネット限定の柄などもあるので、まだ使用したことのない方はこの機会に詳しくみてみませんか?

PIXTA

ニトリのNクール、Nクール寝具について

ニトリのNクールは、さまざまな形やデザインで展開をしている夏向けのひんやりグッズ。敷きパッドやシーツといった寝具から、Nクールの生地を使用したアイテムや、すでにお持ちのアイテムへ使えるスプレーといったものまで豊富な種類があります。

触れるとひんやり感じる「Nクールシリーズ」や、ひんやり感の強さが売りの「Nクールスーパー」、冷たさを維持するシートが入った「Nクールダブルスーパー」、暑がりな方でも安心の効果が一番強い「Nクールプレミアム」と、好みに応じて冷感の強さを選べます。

出典元:

ニトリのNクール寝具を紹介

今回は、これからの季節にぴったりなNクールの寝具を順に紹介していきます。布団一式をNクールにするのはもちろん涼しさを感じられますが、一つずつ買い足したり、物によって色柄を選ぶことも可能。

色・柄・サイズ・冷感の強さと選択肢が豊富なので、比較しながらピッタリの寝具を探してみてくださいね。

1.悩んだらまずはこれ「Nクール スターターセット」

Nクール スターターセット

Nクールが気になる&試してみたい方におすすめな、肌ふとん、敷パッド、ピローパッドの3点セットです。表はNクールダブルスーパー生地、裏はパイル生地とリバーシブルなので春や秋にも使えます。洗濯OKなので、汗をかいても家庭で気軽にお洗濯できますよ。

Nクール、Nクールスーパー、Nクールダブルスーパーと種類もあるので気になる冷たさレベルをまずは選んでみて。

2.置くだけ簡単「クール 敷きパッド」

Nクール 敷きパッド

敷くだけでOKな敷きパッドは、さっと取り付けることができます。Nクールプレミアムのパッドはジェル入りでひんやり。

裏表で生地が違うものもありますので、季節や温度で使い分けもできます。ネット限定の色や柄も豊富ですよ。

3.布団を蹴ってしまう熱い夜でも「Nクール タオルケット」

 Nクール タオルケット

ひんやりとストレッチの効いた生地で、のびのびリラックスできそうなのがこちら。Nクール、Nクールスーパーのタイプがあります。

暑くて布団をかけたくない夜も、これならかかっているほうがひんやりと涼しく感じられるかも。色柄も選べるので、お部屋の雰囲気や今使っている布団との組み合わせも考えやすくなっています。

4.子供のお昼寝にも使いやすい「Nクール ミニタオルケット」

Nクール ミニタオルケット

小さいサイズのタオルケット。夜寝るときはもちろん、お昼寝や子供用としても使いやすいサイズ。

暑い時期には、ベビーカーやチャルドシート用のブランケットとして持ち運び用にも便利です。洗濯してもすぐに乾くので汗かきの子供にもぴったり、ママも助かりますね。柄は3種類。

5.汗をたくさんかく頭に「Nクール ピローパッド」

Nクール ピローパッド

汗をかきやすい枕もNクールにするのはいかがでしょう。Nクール、Nクールスーパー、Nクールダブルスーパーの商品があります。柄や色もいろいろあるので迷ってしまいそう。

ゴムで取り付けるタイプなので、洗い替えも簡単です。手頃な値段でまずは枕カバーから買い換えるのもよいですね。

6.お部屋の中も快適にN「 接触冷感ラグ」

Nクール 接触冷感ラグ

表生地は接触強冷感生地でひんやりと冷たく、寝転がってくつろぐときに最適。小さいものから、一番大きい200cm✕240cmまでサイズや柄も豊富なので部屋に合わせて選べます。

折りたためて簡単に移動ができ、季節の模様替え時の収納にも便利です。

暑い夏も快適に

ベッド PIXTA

暑い夏を過ごすために涼しくなるグッズはたくさんありますが、寝具も思い切って変えてみると寝苦しい夜を快適に過ごせるのではないでしょうか。

色柄もたくさんあり、機能性だけではなく見た目も楽しめるのがNクールの魅力の一つでもあります。他にも、Nクールシリーズはクッションやベビーグッズ、ペットベッドなどがありますので、自分の部屋に合ったグッズをそろえてみてくださいね。

おすすめ記事

「寝具」「ニトリ」「Nクール」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧