ひとり歩きを始めた1歳児がいる家庭で注意したい、事故と対策方法

子供が1歳ごろになるとひとり歩きをする子が増えてきて、ますます行動範囲が広がりますね。できることが増える、あるいは手が届く場所が増えると、けがや事故のリスクが高まります。パパやママが今は危険だと感じていない箇所も、実は子供にとっては事故のおそれがあるかもしれません。この記事では、1歳ごろの子供がいる家庭で事故に注意したいポイントと、対策の例についてお伝えします。

PIXTA

誤飲事故

1歳ごろになった子供はだんだんとひとり歩きができるようになり、自由自在に移動します。そのため、これまでは届かなかった高い場所にあるものに手が届き、口に入れてしまう危険があるでしょう。

誤飲事故は一瞬で起こります。注意すべきもの、事故防止のポイントを押さえておいてくださいね。

こんなものに注意

ブロック PIXTA

  • 小さなおもちゃ
  • 電池
  • 磁石
  • 洗剤
  • たばこ

ブロックなどの小さなおもちゃをはじめ、電池や磁石も誤飲の可能性があります。電池で動くおもちゃや磁石のしくみを使うおもちゃは、誤飲が起こらない状態になっているか再確認をしましょう。

そのほか、大人が使っている洗剤や薬、酒やたばこにも注意。好奇心旺盛な子供は「これは何かな」と興味本位で口に入れてしまう可能性があります。

事故を防ぐには

電池 PIXTA

  • おもちゃの大きさを見直す
  • 誤飲のおそれがあるものは、子供の手が届かない場所に保管する
  • 保管場所の近くに踏み台になるものを置かない

子供のおもちゃは、誤飲する可能性があるような小さなものは避けましょう。

そのほか、誤飲のおそれがあるものはすべて子供の手が届かない場所への保管をおすすめします。保管した場所の近くに踏み台があると子供がのぼる可能性があります。踏み台をはじめ、イス、箱などを置かないようにしてください。

出典元:

溺水事故

浴室 PIXTA

水回りでは、ちょっとした不注意から大きな事故が起こり得ます。たとえば溺水事故。子供が好奇心から水に近づくと、ほんの一瞬バランスを崩しただけでおぼれるかもしれません。

顔を洗ったりお風呂に入ったり、大人と一緒に過ごすには問題がない場所も、ひとりで入ってしまったらどうなるか考え、対策をしておきましょう。

こんなものに注意

  • 浴槽
  • 洗濯機
  • つけ置き用バケツ・たらい

溺水の可能性があるのは上記の3つです。浴槽はお湯がたまった状態なら溺水のおそれがあるでしょう。洗濯機も、上からのぞき込むと危険です。

つけ置き用のバケツやたらいも、顔をつけてしまったら危険です。子供の思わぬ行動まで考慮して対策をすべきでしょう。

事故を防ぐには

洗濯機 ママ PIXTA

  • 昼間は浴槽のお湯を抜いておく
  • 浴室のドアに外から鍵をかける
  • 洗濯機にチャイルドロックをかける
  • つけ置き洗いなどでバケツに水をためたら、子供から目を離さない

浴槽を使わないときはお湯を抜いておくのはもちろん、子供が自由に浴室に入れない対策をすることも大切です。外から鍵をかけるなどの対策を検討してください。

洗濯機には、機種によって子供のいたずらを防止するチャイルドロックの機能があります。操作をするのは少し面倒かもしれませんが、子供の安全のために忘れずに設定しましょう。

たとえバケツやたらいの水でも水深10cmあれば溺水のおそれがあるといわれています。水をためて洗濯をするときは子供から目を離さないようにしてくださいね。

出典元:

やけど事故

ケトル PIXTA

大人には熱いとわかるものでも、1歳の子供はまだわからず、何でも触ろうとしてしまいます。熱いものには近づけない、触れない工夫をすることが肝心です。やけどに気を付けたいポイントと対策を紹介します。

こんなものに注意

  • 調理器具
  • 熱い料理
  • アイロン
  • 暖房器具

熱いものは、意外と子供の身近なところにあります。毎日使うような調理器具や、食卓にあがる熱い料理。また、アイロンや暖房器具も子供がいる部屋で扱うことがあるでしょう。

湯気が出たり、音が鳴ったり、子供にとっては魅力的なものも。子供が触れないようにする万全の対策が必要です。

事故を防ぐには

炊飯器 PIXTA

  • 調理器具は高い位置のコンセントを使い、コードも本体も子供の手に触れないようにする
  • 熱い料理は最後に食卓に並べ、子供から目を離さない
  • ホットプレートやアイロンは完全に冷めるまで子供から目を離さない
  • キッチンや暖房器具周辺にベビーゲートを設置する

電気ケトルやポット、炊飯器などの調理家電にはコードがついていますよね。本体をせっかく高い場所に置いていても、コードが低い位置にあれば引っ張って倒してしまう可能性があります。コンセントもなるべく高い位置に設置し、コードも本体も子供の手に触れないようにしましょう。

熱いものにはできるだけ近づけない、どうしても子供のいる空間に置かなくてはいけないときは、目を離さない。この対策を徹底することで、やけどをできる限り予防しましょう。

出典元:

転落事故

子供 窓 PIXTA

1歳ごろになった子供は、段差をのぼったり、少し高い場所によじのぼったりすることができるようになります。そのため、家具や階段に興味を示し始めることも。

子供が転落事故の危険性を自分では認識できません。周囲の大人が対策をしてあげて、安全な状態を確保してあげましょう。

こんなものに注意

  • イス・ソファー
  • ハイチェア
  • 階段
  • ベランダの柵

イスやソファー、ハイチェアなどの家具はもちろん、階段、ベランダの柵、窓などからの転落にも注意が必要です。0歳代のころは「自分ではのぼれないから大丈夫」と思っていた場所も、いきなりのぼれるようになるかもしれません。日頃からの対策を心がけてください。

事故を防ぐには

ベビーゲート PIXTA

  • イスやソファーの上で遊ばせない
  • ハイチェア使用時は必ずベルトを締める
  • 階段の手前にベビーゲートを設置する
  • ベランダは施錠し、柵の手前に踏み台になるものを置かない
  • 窓の手前にソファーなどを置かない

椅子やソファにのぼって遊んでいると、足を滑らせて転落する恐れがあります。また、ハイチェアに乗った状態でテーブルを蹴り、ハイチェアごと転倒する事故も考えられます。

のぼらなくてよい場所にはのぼらない、ハイチェアなどを使うときは、ベルトを締めて目を離さないなど、安全対策をすることが大切です。

階段やベランダは、できるだけ近づかせないようにしたいですね。ベビーゲートを設置してもよいでしょう。窓は複数あれば対策が大変ですが、まずは手前に踏み台を置かないことを意識しましょう。鍵を二重にするグッズも販売されています。

出典元:

その他の事故

ドア 子供 PIXTA

その他にも、行動範囲が拡大して好奇心が旺盛な1歳代だからこそ気を付けたい事故があります。とくに気を付けたいポイントと対策についてお伝えします。

刃物による切創事故

キッチンにある包丁、洗面所のカミソリ、リビングにあるハサミなど、家の中には意外と刃物があるものです。興味本位で子供が触ると指を切ってしまうおそれがあります。

子供の手が届かない場所に保管する、使い終わったらすぐに片付けるなど、大人があらためて意識することが大切です。お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる場合は、一緒に気を付けるようにお願いしておきましょう。

ドア・引き戸での指挟み事故

ドアを開閉する際や、ドアのちょうつがい部分に指を挟んでしまう事故があります。子供にとってドアの開け閉めは楽しく、遊びの一つとして楽しんでしまうことも。

ちょうつがい部分には市販の隙間防止カバーをつける、引き戸には完全に閉まりきらないようにストッパーをつけるなどの対策ができます。家具の種類に合ったものを使ってみてもよいでしょう。

歯ブラシによる喉突き事故

歯ブラシ 1歳 PIXTA

歯磨き中に歩き回ってしまうと、転んで喉を突いてしまうことがあります。歯磨きをしている間は歩かない習慣づけが大切です。

初めは何度言い聞かせても立ち歩こうとするかもしれませんが、粘り強く言い聞かせましょう。喉突き防止のストッパーがついた歯ブラシを使うのも一つの手です。また、鏡の前で立ち止まり、大人と一緒に歯ブラシをする習慣をつけるのもよいかもしれませんね。

出典元:

子供の目線になって考えてみませんか

子供 笑顔 PIXTA

歩き始めた子供に注意したい事故について、その対策とともにご紹介しました。1歳代の子供は自分で事故に気を付けて遊ぶことはできません。どんな事故が起こり得るかを大人が予測して、対策をしてあげることが大切です。

ここは触れないだろう、ここまで入ってこないだろう、と思っていても子供はいつの間にかできるようになります。早め早めに、危険な場所の対策を進めておきたいですね。

まずは、子供の目線になってみて自宅の中を見回してみましょう。危険な場所を認識することから、事故防止をスタートできますよ。

おすすめ記事

「1歳」「事故」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧