1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 【医師監修】ミレーナ装着は痛いって本当?痛みがいつまで続くか体験談をチェック

監修:清水なほみ

【医師監修】ミレーナ装着は痛いって本当?痛みがいつまで続くか体験談をチェック

「ミレーナ」は月経困難症・過多月経の改善や避妊に効果があると言われているホルモン付加子宮内システムです。重い生理に悩んでいる方にとっては魅力的なミレーナですが、「子宮の中に装着する」と聞くと「ものすごく痛いのでは…?」と気になってしまいますよね。そこでこの記事では、ミレーナ装着時の痛みの強さや、いつまで痛みが続くのかを体験談から解説していきます。また、性交後に出血がある場合など、ミレーナに関する心配事への対処もお話しますね。

amana images

ミレーナとは

「ミレーナ」とは、5年間にわたり黄体ホルモンを放出する子宮内システムのこと。プラスチック性の「T」の形をした装置で、装置から黄体ホルモンが放出される仕組みになっています。

ミレーナを子宮の中に装着すると、子宮内に黄体ホルモンを補給することが可能。子宮内に装着すると聞くと少し怖いイメージがあるかもしれません。

しかし、ミレーナはやわらかなプラスチックでできており、女性の体の中に装着することを前提に人体にやさしい作りになっています。

出典元:

ミレーナに期待できる効果

笑顔 PIXTA

女性の体に黄体ホルモンを補給してくれるミレーナ。装着すると、一体どのような効果が得られるのでしょうか?

ミレーナの解説書によると、生理に関するお悩みや避妊への効果が期待できるそうです。それでは、期待できる効果と効果が発揮されるメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

過多月経・月経困難症への治療効果

ミレーナの一つ目の効果は、過多月経や月経困難症などを治療する効果です。

ミレーナから放出される「レボノルゲストレル」というホルモン製剤には子宮内膜が厚くなるのを抑制する効果があるので、生理中に排出される経血量が減ります。

その結果、生理が軽い状態になりおなかや腰の痛みなど、生理特有のつらい症状も同時に軽減。毎月「生理が重くてつらい…」と感じている方にとっては、自然に生理を軽くしてくれる理想的な子宮内避妊具です。

出典元:

避妊効果

ミレーナの効果は生理に関することだけではありません。避妊方法としても使えます。避妊方法として効果があると言われるのは、次の作用からです。

  • 宮内に異物があるので受精卵が着床しにくくなる
  • 子宮内膜が薄くなるので着床しにくくなる

一つ前の項目でお話したように、ミレーナから放出されるレボノルゲストレルは子宮内膜が厚くなるのを抑制するので、受精卵が着床しにくい状態を作り出します。

ピルとは異なり、排卵を抑える作用はありませんので、排卵に伴う月経前のホルモンの「波」は抑えることはできません。

ただし、ミレーナによる避妊効果も100%ではありません。正しい位置に挿入された場合の避妊効果は、ピルを正しく服用した時とほぼ同じか少し高い状態になります。生理痛などの症状を緩和しつつ避妊ができますが、感染症のリスクはありますので必ずコンドームの併用が必要です。

ピルのように飲み忘れる心配がなく、いったん入れてしまえば高い避妊効果が得られて、血栓症やその他の副作用のリスクもないので、今後はずっと妊娠を希望しないという方にはおすすめの避妊方法です。

出典元:

ミレーナの装着は痛いって本当?

女性 腹痛 PIXTA

月経困難症に悩んでいる方であれば、5年間も生理が軽くなる可能性のある魅力的な存在であるミレーナ。しかし、ミレーナは装着時に痛いという話もあります。

確かにミレーナを装着・除去する際に、痛みや出血が伴うことはあるようです。また、装着してから数日間は、下腹部や腰に軽い生理痛のような痛みが現れたり出血が見られたりすることもあります。

痛みがいつまで続くかは人によるでしょうが、挿入した方の記録を見ると、だいたい2~3日で治まっているとのこと。ミレーナの有効期限は5年間。5年たったら入れ替えるか、年齢によっては取り外して閉経を待ちます。

出典元:

こんな痛みの場合はただちに受診を

医者 PIXTA

ミレーナの装着時や、装着後に痛いのは施術の痛みなので正常ですが、もし痛みがいつまでも長引くようであればすぐに婦人科を受診してください。

婦人科を受診するべき痛みとは、次のような痛みを感じたときです。

  • 痛みが数日たっても続くとき
  • 痛みが強いとき
  • 性交痛があるとき
  • 発熱と下腹部痛が同時に現れたとき
  • おなかの張りや痛みが急に現れたとき

子宮の中にミレーナというシステムを装着することは、子宮内に異物が入ることにはなります。もしミレーナ装着後の痛みがいつまでも長引いたり、性交痛や下腹部痛があったりした場合はただちに婦人科を受診しましょう。

痛みがなくても出血が見られたら婦人科へ

もしミレーナ装着後に痛いと感じられなくても、出血が見られたら病院を受診した方が良いケースもあります。出血についても、病院を受診するべき目安を確認しておきましょう。

  • 装着してから6ヶ月以降に生理以外の出血があるとき
  • 出血量が普段の生理より多いとき
  • 性交後に出血が見られたとき

また、ミレーナを装着してから6か月くらいは月経期以外にも出血が見られることもありますが、それ以降は性交後でも出血することはありません。もし性交後に出血が見られたら、たとえ痛みがなくてもすぐに婦人科へ相談してくださいね。

出典元:

ミレーナの痛みについての体験談

おしゃべり PIXTA

月経困難症や避妊への効果を得たくても、やはり子宮の中にシステムを装着するのは緊張しますよね。そこで、すでにミレーナを装着している方からの体験談を見て、どのような施術になるのかイメージしてみましょう。

装着時にどのくらい痛いのか、痛みはどのくらい続くのかなど、痛みに関する体験談をピックアップしました。

ミレーナ装着時はどのくらい痛い?

まずは、ミレーナを装着するときにどのくらい痛いのか、実際に体験された方からの感想を紹介しますね。

入れた時含めて今も痛みはないです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
入れた時に生理痛みたいな痛みがあったくらいで大して痛くならなかった記憶です。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私はほとんど痛み感じなかったです。妊娠中に内診されてるような感じで。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ミレーナ装着を体験した方のほとんどは、「少し痛いかな?」くらいの痛みしか感じられなかったようですね。中には全く痛みを感じなかったという方も…。

装着時に痛いと感じるとしても、生理痛くらいの痛みであれば不安はありませんよね。妊娠中の内診を経験された方であれば、特に違和感なく受け入れられる処置だと思います。

ミレーナ装着の痛みはいつまで続く?

それでは、ミレーナ装着後の痛みは一体いつまで続くのでしょうか?体験談をチェックすると、装着後の痛みはそれぞれ人により違うようですよ。

体の変化は、挿れて数時間は生理痛のような腹痛・腰痛があり、1ヶ月程出血が続きました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
入れる時ちょっとだけ痛みあったけど、その後は痛みも出血も無く、超絶快適です。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
昨日入れました。
…中略…
帰宅後は子宮がズーンと重い感じがありました。
今日は痛みとかはないです!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

装着後の痛みが全くなかったという方もいれば、数時間続いたという方、1日だけ痛みがあったという方も。

医薬品医療機器総合機構からの情報では、装着後の痛みは数日間続くこともあるとのことですが、確認した中では痛みがいつまでも続いたという方はいらっしゃいませんでした。

ミレーナが正しく装着されれば、装着時・装着後ともに痛みに関する心配はなさそうですね。

ミレーナは痛い?正しく装着されれば安心!

ママ PIXTA

子宮の中に装着するミレーナ。「装着のときに痛いのでは?」と不安になりますが、体験談を見る限りでは生理痛程度の軽い痛みがあるだけのようです。痛みがいつまでも続いたという方もいらっしゃいませんでした。

ただ、体験談の中にはありませんでしたが、ミレーナ装着により痛みや出血が長く続くこともあり得ます。もし性交後に出血が見られるなどミレーナに関する心配事があれば、すぐに婦人科を受診するようにしてくださいね。

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ

通常の婦人科診療のみならず、最新の脳科学×心理学×医学を統合的に駆使した診療を行う婦人科医。日本で100名しか習得者がいない、トランスフォーメーショナルコーチのテクニックを学び、診療の現場においても、3年間で延べ6000人の患者に同テクニックを用いて診療を行っている。
中学時代のいじめや研修医時代のうつ経験から、「病は気から」を科学的に解明するための研鑽を積む。何気ない会話の中で患者に気付きを与え、片頭痛やイライラをあっさり「忘れさせる」診療には定評がある。5分で病気の「本当の原因」を見抜くため、患者からは「先生は占い師ですか!」と驚かれる。

おすすめ記事

「ミレーナ」「痛い」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事