1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. 赤ちゃん育児の体験談
  5. 捨てるときの「罪悪感」実は大事!物を大切にするお片付け術

捨てるときの「罪悪感」実は大事!物を大切にするお片付け術

(この記事では、ママによる片付け体験談をお届けします)片付けをしていると、誰もが直面する物を捨てる時の「罪悪感」。これを乗り越えられなくて何度も立ち止まったり、片付けをやめてしまったりということ、ありませんか?片付ける=捨てるという図式が、片付けの主流になっている昨今。まだ使える物や、思いのこもっている物を捨てるってかなり罪悪感を抱きますよね。この「罪悪感」とどう向き合っていけばいいか。片付けの壁を乗り越えるための考え方を紹介していきますね。※本記事は、個人の感想に基づいた物です。

PIXTA

捨てる時に罪悪感をいだきやすいもの4選

壊れている物は、まだあきらめがつきやすいです。それでも私くらいの年代だと「もったいない」と言われて育ったので、まだ直して使えないかと、いろいろ試してみたくもなりますが(笑)

捨てるのは嫌だけど、処分しなければ片付かない側面もあることは事実。では、どんな物を捨てようとする時に罪悪感を抱くでしょうか。

高かったもの

欲しくて少し奮発して買ったものの、使うのがもったいなくて何回も使っていない。そんな物がしまい込まれていませんか?

使って汚したり壊したりしたらどうしようという気持ちから、気楽に使うことができないんですよね。結果、持っているだけで満足状態。元値が高かっただけに捨てるなんて考えられないのです。

思い出のあるもの

夫は自分が小学生の時に図工で作った彫刻作品を、いまだに持っています。何か思い出があるのか、何十年たっても捨てられない物らしいです。

手に取っただけで、そのころの思い出がよみがえるような物。懐かしさはなかなか手ごわい感情です。

プレゼントでいただいたもの

気持ちはありがたいけれど、必ずしも自分の欲しい物ではなかったという物が、誰でも一つや二つはあるのではないでしょうか。

いただいた気持ちがうれしいだけに、捨てるなんて!と思いつつ、使わない物。捨てづらい物なナンバーワンかも。

壊れていないけど使わないもの

壊れていない物はいらない物でも捨ててはいけないような気持ちになりますよね。もったいなくてバチがあたる(笑)そうやって育ってきた考えはなかなか変えられるものではありません。

もったいないと思う気持ちも大事なことではありますが、しまいっぱなしになることもあるのではないでしょうか。

「捨てる」 罪悪感からの脱出ポイント五つ

片付け PIXTA

では、罪悪感を抱いた時にどうやってそれを乗り越えるか。私は全部を即捨てるということはできませんし、しません。

しかし物があふれている状況からは脱したい、これも本当の気持ち。片付けながらたくさん悩んでたどりついた答えはというと…。

誰かにゆずれないか考える

押しつけない程度に友人知人に使わないか聞いてみたり、バザーがあればそれに出したり。リサイクルショップやフリマアプリなどを利用するのも手です。

とにかく、自分で捨てないことで気持ちも楽に。フリマアプリなどは少しでもお金になると、もっと片付けたくなるかも(笑)

思い出は画像で残す

自分の物でも子どもの物でも、全部をとっておくのは無理ですよね。厳選して残したら、あとは画像に撮っておくと物はなくなってもいつでも見ることができます。画像なら、いらなくなった時に消去するのも簡単ですよ。

とりあえずBOXを作る

捨てたくないけど、あちこちに物があるのも嫌だと思ったら、ジャンル問わず、大きめの箱にまとめて入れて邪魔にならないところに保管しましょう。定期的に見直してみれば、気持ちも変わっていてスムーズに処分できる可能性も。

プレゼントは一度は使ってみる

まずは好みでなくても使えそうなら自分で1度は使ってみるといいでしょう。使ったら感想も言えますしね。どうしても出番がなかったら、いつ・誰からもらったかを書いた付箋を貼って取りあえずBOXに。

「プレゼント使っていないね」とか「あの時のアレどうした」と聞いてくる人はほぼいません。気持ちだけ大事に受け取って感謝するだけでも、大丈夫だと思いますよ。

高い物も使う

せっかく気に入って手に入れた物なら、高級かそうでないかで判断しないでどんどん使いましょう。しまい込んでいたらかえってもったいないです。

コレクターではないなら、気に入った物を日々使う方が楽しいですよ!私がたどりついた答えは、すぐに「捨てる」ことを考えなくてもいいということ。

逆に捨てない手段を考えることで気持ちの負担がだいぶ軽くなります。時間がたつと気持ちも変化することもあるので、その時がその物の捨て時なんだと考えています。

罪悪感はなくさない方がいい

片付け PIXTA

物が自分のところにやってくる経緯はさまざま。必要で買った物はすぐ使いますし、使い切って捨てることができます。しかし、プレゼントや未使用の物は捨てづらい。

何も思うことなく、サクサク捨てられれば片付くのは確かですが、実際は、捨てることに悩みながら片付けていくことがほとんどですよね。その気持ちは忘れないでいたいと思っています。結果として物を大事にすることにつながるような気がするので。

とにかく欲しい!安いから買っておきたい!無料だからもらおう!なんて考えで物を手に入れることがなくなるはず。また捨てる作業をするのがおっくうですもん。

「捨てる」罪悪感と向き合うのは、これから物を大事に使うためのステップだと考えています。物をできるだけ生かせるような方法で手放せる自分になれれば、無駄にもせずに罪悪感も最小限で済むはずです。罪悪感に負けず、片付けをやっていきませんか?

掃除が苦手な方へ「ざっくり整頓」という気負わない片付け術

関連記事:

掃除が苦手な方へ「ざっくり整頓」という気負わない片付け術

(この記事では、ママによるお片付け体験談をお届けします)皆さんは日ごろ手…

【ニトリ】カラーボックスは横置きがベスト!子どもの目線を意識した収納作り

関連記事:

【ニトリ】カラーボックスは横置きがベスト!子どもの目線を意識した収納作り

収納家具として人気のカラーボックス。縦置きの収納として使われることが多…

除湿器や扇風機など、かさばる季節家電の「すっきり収納法」とは

関連記事:

除湿器や扇風機など、かさばる季節家電の「すっきり収納法」とは

(この記事では、ママによるお片付け体験談をお届けします)「季節家電」は思…

おすすめ記事

「収納」「片付け」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧