1. トップ
  2. 住まい
  3. 住まいの基礎知識
  4. 勝手に捨てるのは絶対NG、家族の私物であふれた部屋を片付ける方法

勝手に捨てるのは絶対NG、家族の私物であふれた部屋を片付ける方法

(この記事では、ママによる体験談をお届けします)ママが一生懸命片付けても、どうも部屋がすっきりしない。なぜなら、家族がそれぞれに散らかしてくれるから!それを目の当たりにすると「ああ、早くすっきりと片付けたい」と思ってつい手を伸ばしそうになりますが、ちょっと待って!出しっぱなしの物を元の位置に戻してあげるくらいならOKですが、勝手に捨てるのは絶対なし!そんなことをしたら、ケンカになっちゃいます。気分をよくするための片付けで、家族の関係をこわしちゃったら元も子もないですよ!まずは家族にも片付けに参加してもらうところからはじめましょう。※本記事は、個人の感想に基づいたものです。

PIXTA

家族と言えども、勝手に捨てるのはNG

片付けが習慣になっていって、どんどん自分の私物を捨てたりしまったりできるようになると、自然に目が行くのが、人のもの。

もちろん、まったくの他人の物に手を出すことはないけれど、家族の物なら自分が片付けてもいいのでは?と思いがちじゃないですか?

でも、待って。その私がいらないとか邪魔とか思っている家族の物を、持ち主本人はどう考えているのかなって。

逆に考えると、自分の持ち物を勝手に処分されたり整理されたりするのは嫌なことですよね。基本的に自分の物は自分で管理したいはず。

ただ、その管理がきちんとできていないので片付け熱が高まっている側としては、イライラさせられるのも正直なところです。

  • 絶対何年も使ってない
  • ここ数か月置きっ放し
  • 私の趣味と違う
  • どう見ても必要と思えない

などと、人の物を見ると思ったりするわけですが。そういう気持ちもわからなくはありません。ましてや散らかっているとなおさらですよね?

だけど、当たり前ですがそれって自分の物ですか?って話なんですよね。人の持ち物についてダメ出しをしちゃったら、その人自身を否定することにもなりかねません。

いくら片付いてスッキリした家だったとしても、家族を大切にする気持ちのない家なら散らかっている方がマシ。相手を尊重するというのは、持ち物もすべて含めてのこと。

だから、勝手に許可なく捨てたり片づけたりしては絶対いけないのです。そのかわり、自分から片付けしたくなる方法を話し合ってみるといいですよ。

勝手に捨ててもめるより、家族で家の片付けについての考えを共有する方がかえって部屋も気持ちもスッキリとすると思います。

家族それぞれの物の置き場所を決めよう

かご PIXTA

まずは物がそのへんに出しっぱなしで目につくので、捨てたくなるわけです。出しっぱなしになっていなくて、どこかに収納されていればそれほど気にならないはずですよね?

そこで1番のおすすめは各自の引き出しを作ること。1人1つずつ、ちょっとした個人の私物を入れておける引き出しがあればあちこちに物が置かれるということも少なくなります。

しまう場所がわからないから取りあえずその辺に置いちゃって、時間がたつとどこにやったかわからなくなるということもよくありませんか?

そういう場合も、人別で引き出しをわけて私物を入れておくだけで、あれはどこにやった?ということがなくなりそう。引き出しが無理ならカゴやボックスでもいいですね。

しまう場所がわからないけど捨てたくない自分の私物をぽいぽい入れておく。もちろん、先々ではその引き出しやカゴの中身もあらためてみないといけませんが。

管理のしやすさから考えると、たくさん入る大きな収納ではなく引き出し程度、カゴ程度がちょうどいいと思いますよ!

捨てることも大事ですが、一番は自己管理

家族 PIXTA

誰の物でも、必要な分だけきちんと整理されて片付いているにこしたことはありません。でも、だいたいの人は、使わないけど捨てられない物やただ持っていたいだけの物などが必ずあるはず。

他に毎日飲んでいる薬や眼鏡ふきや本のしおりなど、その人しか使わない物で片付ける場所がいまいちわからないような物は、自分だけのスペースで管理するのが一番いい。

とにもかくにも、そこに私物を入れておくことができれば、テーブルの上や棚の上に物が散らかったりしないですよね?

散らかっていなければ気にならないので、イライラして捨ててやろうかなんて思わないで済むのですから、物の居場所作りって大事。

片付けは捨てればいいってものではありません。特に人の持ち物にはその人の価値観がつまっているので、家族であっても勝手に捨てたりせずにお互い尊重し合いたいものですね。

でも「片付けよう」って声をかけ続けるのもなかなか根気がいるものです。自己管理ができるようになるまでが片付け、早く育ってくれないかね…。

いくらやっても片付かない「ざんねんな収納」3選、自宅を見直すきっかけに

関連記事:

いくらやっても片付かない「ざんねんな収納」3選、自宅を見直すきっかけに

いろんな収納方法や収納グッズがあふれているなかで、実践している方も多い…

「片付け中に自分の性格に気づいた」ドレッサーのお片付けレポ

関連記事:

「片付け中に自分の性格に気づいた」ドレッサーのお片付けレポ

(この記事では、ママによる片付け体験談をお届けします)日光アレルギーのた…

【ニトリ】カラーボックスは横置きがベスト!子どもの目線を意識した収納作り

関連記事:

【ニトリ】カラーボックスは横置きがベスト!子どもの目線を意識した収納作り

収納家具として人気のカラーボックス。縦置きの収納として使われることが多…

おすすめ記事

「収納」「片付け」「家族」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧