1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 家にいても決して安全ではない!社会全体で性被害に対する問題意識を高めよう「知らない人が家に入ってきた話」

家にいても決して安全ではない!社会全体で性被害に対する問題意識を高めよう「知らない人が家に入ってきた話」

以前、1人暮らしをしていたイラストレーターのオキエイコ(@soroe.handmade)さんは、ある日家で友人と電話をしていました。家の中にいる安心感からか、窓のカギをかけていなかったところ、そこから突然見知らぬ人が侵入してきたのでした。誰にでも起こりうる身の危険は突然やってきます。防犯対策について考えさせられるオキエイコさんの実体験を紹介します。

ⓒsoroe.handmade

ⓒsoroe.handmade

ⓒsoroe.handmade

ⓒsoroe.handmade

性被害について社会全体で考えていきたい

『知らない人が家に入ってきた話』の著者であるオキエイコさんは、この漫画にこめた思いについて以下のようにコメントしています。

「お恥ずかしながらあの事件の1秒前までは、自分がこんな事件に巻き込まれるなんて考えた事もありませんでした。

でもそれはきっと、この文を読んでくださっている皆さんの多くにとってもそうだと思います。まさに1秒後、あなたのその後ろの窓から変質者が入ってくるなんて、想像できますか?そのくらい『事件』は突然やってきました。

性被害は人に相談しにくく、相談された側もどう応えていいのか回答が難しい。『なかったこと』にされることも少なくないと思います。

だからこそ、声をあげてもいいことを伝えたくてこの漫画を描きました。人に伝えたい、というより、自分自身に言い聞かせたいという側面が強かったです。

老若男女関係なく、被害者にも加害者にもなってしまう可能性がある性被害。なので誰が読んでも読みやすく重くなりすぎず、でも伝えたいことが伝わる漫画を心がけました。性被害に興味のない層の方にも読んでいただき、社会全体でアンテナを張っていただけたらと思い描かせていただきました」

この漫画は犯罪被害体験談を紹介したものです。このような被害に遭っている、あるいは遭った経験のある方のために、内閣府の男女共同参画局では『性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター』を設置しています。

自治体によってはこのほかにも犯罪被害者支援センターを設けている場合があります。必要に応じて相談をご検討ください。

「叫んだら殺すぞ」一人暮らしの家に、突然見知らぬ男が侵入してきた|知らない人が家に入ってきた話#1、2

関連記事:

「叫んだら殺すぞ」一人暮らしの家に、突然見知らぬ男が侵入してきた|知らな…

以前、1人暮らしをしていたイラストレーターのオキエイコ(@soroe.handmade)…

知らない人が家に入ってきた話
バックナンバー
「自転車の鍵がかからない」小さな事件が恐怖のきっかけに|拉致られそうになった話#1

関連記事:

「自転車の鍵がかからない」小さな事件が恐怖のきっかけに|拉致られそうにな…

1人で夜道を歩くのは怖いですよね。特に女性なら歩き慣れた道でも恐怖心を覚…

昼間の訪問者…ドアをのぞくと|なんだかんだ言って人が一番怖いと思った話#1、2

関連記事:

昼間の訪問者…ドアをのぞくと|なんだかんだ言って人が一番怖いと思った話#1、…

一人暮らしは、他の人に気兼ねすることなくのびのびと生活できますよね。し…

性犯罪・性暴力被害者のための
ワンストップ支援センター

おすすめ記事

「性被害」「性」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧