1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 生理が痛いのは普通じゃない?卵巣にのう胞が見つかった女性の体験が参考になる

生理が痛いのは普通じゃない?卵巣にのう胞が見つかった女性の体験が参考になる

「自分は生理痛が重いだけ」と思い込み、中学生のころから重くなっていった生理痛に耐え続けていたキクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さん。あるとき、会社の検診で「子宮内膜症」と診断されます。病気は知っていたけれどまさか自分がそうだとは…。戸惑うキクチさんですが、くわしい検査で新たな事実が判明します。『生理痛を気合で我慢していたら病気だった』話をダイジェストでご紹介します。

©kkc_ayn

©kkc_ayn

会社の健康診断で、子宮内膜症を発見

会社の健康診断を受けたキクチさん。気にしていたのは尿糖値だけだったのですが…。

苦手な婦人科の検診がやけに長いと思っていると、思いもよらない指摘を受けます。医師に指摘されたのは、「子宮内膜症」。4.5㎝もののう胞が長い年月をかけて大きくなっていました。

寝耳に水だったキクチさんですが、思い返してみると中学生のころから生理痛が重く、腹痛で倒れそうになることもしばしばでした。それでも「生理痛は痛いもの」と考えて耐えていたといいます。

生理の重さは人それぞれで、自分は普通と比べて重すぎるかどうかなんてなかなかわかりませんよね。キクチさんのように生理痛を「当たり前のもの」として耐え続けている人は意外と多いのではないかと想像しました。

思い返せば心当たりはあった…!

©kkc_ayn

©kkc_ayn

母親からも生理痛が重すぎることで病気の可能性を指摘されたこともあったものの、婦人科受診のハードルの高さからくわしく検査を受けたことがなかったキクチさん。大人になってからは、痛みで意識が遠くなったこともあったそうです。

それでも「もっとひどい症状の人もいる」と考え、病院に行くことはしないまま。もっと早く受診する手もあったのかもしれませんが、キクチさんにとっては受診の決め手がなかったのでしょう。

同様に生理のたびに耐え忍んでいる方は、一度受診してみるとよいのかもしれませんね。

生理が重いなら治療を検討して

©kkc_ayn

©kkc_ayn

©kkc_ayn

行きつけの産婦人科で検査を受けると、実はのう胞の大きさは6cmにもなっていたことが判明。よりくわしく調べるため、MRI検査を受けることになります。

毎月重いわけではない生理痛、痛み止めで落ち着くことを繰り返すうち「生理痛はこんなものだ」と思い込んでしまっていたキクチさん。現在は薬を処方され、毎月の生理痛がだいぶラクになったと言います。

「自分のように生理痛が重いだけだと思っている人が、実は病気かもしれない」「自分のように治療して生理痛が軽くなるかもしれない」という思いを持つキクチさん自身が描くエッセー『生理痛を気合で我慢していたら病気だった話』。女性も男性も、生理の実情について知れる作品です。気になる方はぜひ一読してみてくださいね。

会社の健康診断で予想外に判明した病気|生理痛が実は病気だった話#1

関連記事:

会社の健康診断で予想外に判明した病気|生理痛が実は病気だった話#1

2019年の末ごろ、会社の健康診断を受けたキクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さ…

【全話読める】
生理痛を気合で我慢していたら病気だった
家族に病気の進行を隠していた母、早すぎる別れなど想像できなかった|天国の母へ#3

関連記事:

家族に病気の進行を隠していた母、早すぎる別れなど想像できなかった|天国の…

この作品はとある女性(仮名:かなこさん)の実体験をもとにしたエッセー漫画…

夫に息子の異常を報告、疑われる病気は2つ|息子に目の障害が見つかった話#3

関連記事:

夫に息子の異常を報告、疑われる病気は2つ|息子に目の障害が見つかった話#3

息子の目の症状を不安に思った 河野りぬ@子育て&鬱経験エッセイ(@rinu.illu…

キクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「生理」「痛い」「病気」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧