1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 甘さが罪深い!簡単に作れる「市販ビスケット入りチョコスイーツ」が至高

甘さが罪深い!簡単に作れる「市販ビスケット入りチョコスイーツ」が至高

簡単にできる大人のおやつを作ってみませんか?大好きな生チョコサンドを作ってみたら工程が多く、もっと簡単に作りたいなと思って考えました。自分へのごほうびにぜひ作ってみてください。生チョコ+市販のビスケットでできるのに味は絶品。保育園栄養士のヒカリ (@hikari.82)が手が止まらなくなること間違いなしのレシピをお届けします。

©︎hikari.82

材料 大人2人分

  • 市販のチョコレート  150g
  • 生クリーム  75g
  • 市販のビスケット (チョイスの場合4枚)
チョイス ビスケット(14枚)

おすすめは「チョイスビスケット」。

今回のレシピでもこちらを使っています。

作り方

©︎hikari.82

1.生チョコレート+生クリームを湯せんで溶かす。湯せんが面倒な場合は生クリームをレンジで温め、チョコレートを入れて余熱で溶かす。どちらの方法でもOKです。

©︎hikari.82

2.容器にクッキングシートを敷き、チョイスクッキーを2枚を手で個包装の上から折り容器へ敷き詰める。ザクザク食感が欲しければ大きめに砕き量も増やす。

©︎hikari.82

3.溶かしたチョコレートを流し、残りのチョイスクッキー(2枚)を砕き上にのせる。冷蔵庫で冷やし固める。

©︎hikari.82

©︎hikari.82

4.冷え固まったら、好きな大きさに包丁でカットする

おわりに

©︎hikari.82

今回使用したビスケットはチョイスクッキーですが、森永製菓の「ムーンライト」や「マリー」、全粒粉クッキーなどお好みのもので代用できます。生クリームとチョコレートの割合を変えるとまた違った食感で楽しむことができます。

生クリーム1:チョコレート1だとゆるゆるの形状
生クリーム1:チョコレート2だとソフトな生チョコ
生クリーム1:チョコレート3だと少し硬め

今回は自宅用ですぐ食べるのでこの1:2の割合で紹介しました!
持ち運んだりする場合は1:3がおすすめです。
ココアパウダーをつける生チョコ風なら1:2がおすすめです。

インスタグラムでは子どもたちが喜ぶレシピを紹介しています。「子ども向けレシピがマンネリしがち」「親子で食べられるメニュー」気になるレシピが見つかるかもしれません。

食事の時間がすてきな時間となりますように。新たなレシピを発見してみてくださいね。

ヒカリ 保育園栄養士×料理動画(@hikari.82)のインスタグラム

おすすめ記事

「大人」「おやつ」「手作り」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧