1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 実父は養子に反対。それでも、母になりたい…背中を押してくれたのは妹だった

実父は養子に反対。それでも、母になりたい…背中を押してくれたのは妹だった

特別養子縁組で生後間もない子どもを迎え入れた体験談を元にした漫画『養子縁組で親になる』。養子となるおにぎりくんと対面を果たし胸をおどらせた2人。しかし、妻の父は養子縁組に猛反対します。子どもはペットじゃないと言い、なかなか理解を得られませんでした。そんなとき、味方になって抱きしめてくれたのは2児の母になった、妻の妹。妹の妊娠報告を当時は喜ぶ余裕のなかった妻ですが、少しずつ気持ちには変化が。物語の見どころをダイジェストでお伝えします。

©︎ママリ

©︎ママリ

©︎ママリ

「子どもはペットではない」反対する実父

特別養子縁組をしようと動き出した夫婦。しかし、実父には反対されます。子どもを育てることはペットを飼うこととは違う。中途半端な気持ちではできないというのが実父の考えでした。

特別養子縁組に対してネガティブなイメージを持っている実父の様子に悲しい気持ちになった妻。

実父は子どもが苦手なわけではなく、妹が出産したときには本当に幸せそうにしていたのだといいます。血のつながった孫ならうれしいのに、特別養子縁組で迎え入れる孫は受け入れられない?そんな思いが妻が納得できない背景にはあったようです。

そんなとき、なぐさめて、応援してくれたのは2児の母になった妹でした。

「全部、私が先だと思っていた」

©︎ママリ

©︎ママリ

©︎ママリ

いつも姉である妻の背中を追っていた妹。妹よりも少し早く結婚式を挙げ、赤ちゃんも自分の方が先だと思っていました。しかし、妹が妊娠したことを聞き、喜ぶことができなかったかつての妻。

妹に背中を見せ続けていたのに、先を越されたことにショックを受けていました。

姉妹という関係の中で「いつもお姉ちゃんが先」という無意識のこだわりがあったのかもしれません。そんな中で「妊娠」という自分の意志だけではどうしようもない部分で妹が先だったことは、想像以上にダメージになったように読み取れました。

妹の出産への複雑な思いは少しずつ変化していった

©︎ママリ

©︎ママリ

妹の出産報告を喜ぶ余裕がなかった、かつての妻。しかし、いざ生まれてみると姪っ子はとてもいとおしく、両親を喜ばせてくれた妹への感謝の気持ちもわきました。そして、母になった妹に対して尊敬の気持ちを持つようにもなったようです。

大人になり、妹との関係性には変化があったのですね。

このあと、冒頭にあった実父とのすれ違いにつながるのですが、実父は妻自身の幸せを願っていることには変わりがありません。息子の受け入れを決めた後には、実父の方から歩み寄るようなシーンも描かれていました。

特別養子縁組は、その決断をする夫婦だけではなく、その周囲にいる家族にとっても「家族を迎え入れる」という大きなできごとです。そんな選択に接した家族の思いをていねいに描いた本作は、家族について考えてみたい方におすすめの作品です。

実子を望めないと知った夫婦が選んだ、養子という選択肢|養子縁組で親になる#1

関連記事:

実子を望めないと知った夫婦が選んだ、養子という選択肢|養子縁組で親になる#1

子どもを持つときの選択肢としてある「特別養子縁組」という制度。この漫画…

【全部読める】
養子縁組で親になる
不妊治療の末、特別養子縁組で2児の母に。武内由紀子さん家族のようすを紹介

関連記事:

不妊治療の末、特別養子縁組で2児の母に。武内由紀子さん家族のようすを紹介

現在、2人の子どもを育てているタレントの武内由紀子さん。1人目は2019年に…

子どもが欲しいけどできない。焦るのは私だけ?|不妊治療 コウノトリを待つ人へ#1

関連記事:

子どもが欲しいけどできない。焦るのは私だけ?|不妊治療 コウノトリを待つ人…

妊娠は、子どもが欲しいと思う女性にとってとても喜ばしいものですよね。し…

イラスト:くまの広珠

原案:Onigiri Mom

おすすめ記事

「漫画」「特別養子縁組」「体験談」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧