1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 「ママも死ぬの?」子どもに聞かれたらどう答える?「死生観」について向き合う話

「ママも死ぬの?」子どもに聞かれたらどう答える?「死生観」について向き合う話

「命」について考えたときはいつごろでしたか?また、わが子に「命」について聞かれたとき、何と答えたらよいのか悩んだ経験のある人はいるでしょうか。死生観はナイーブな話題ですし、適切な年齢になるまで様子を見たいと思う考えの家庭もあるでしょう。今回ご紹介する『子どもに死を伝えた話』は、ある日、子どもに「ママもいつか死ぬの?」と聞かれたところから始まります。自分ならどうだろうかと考えながら読める『子どもに死を伝えた話』、ダイジェストでごらんください。

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

「ママもいつか死ぬの?」ある日、娘から聞かれた「命」への問い

このお話はあるママの体験談をもとにしたお話です。主人公はある日娘から「ママもいつか死ぬの?」とたずねられます。まだ幼い娘に「死」についてどう伝えるのがよいだろうかと悩んだ主人公ですが、「いつかはね」と真実を話すことにしました。

主人公がこの判断をした背景には、幼いころから今までに感じてきた「死」への価値観が影響していたといいます。

いつかやってくる「死」だからこそ大切にしたい「生」

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

主人公の周囲では、幼いころから身近な人が亡くなるというできごとが何度かありました。

仲良くしていた友人や同級生が亡くなる中で、その都度、「死ぬこと」「生きること」について考える機会があったようです。

そうした中で、「死」という悲しいできごとがある一方、誰でもいつか死ぬからこそ、今ある命を大切にしたいという気持ちが芽生えていったといいます。

「命」を大切にすることは、まわりを大切にすること

©ママリ

©ママリ

©ママリ

©ママリ

主人公は娘に対し、「命」の大切さを伝えます。家族みんなが娘・のんちゃんが元気でいてくれるように祈っていること、そして自分を大切にすることは周りを大切にするということ、自分や自分の周りにある「命」を大切にするように話をしました。

「命」を大切にすることで、自分が生きていることを祈る人が幸せになれる。だから自分を大切にする。こうした考え方は小さな子どもでも比較的理解しやすいのかもしれませんね。

タブーとして考えられがちな「死」の話題。子どもに分かりやすいよう、真実を伝えたこの漫画の主人公の体験談からは、学べる点がたくさんあります。あまり嫌煙せず、子どもにとって良いタイミングで向き合っていきたいですね。

伝え方に悩む「死」の話。あなたはどう話しますか?|子どもに死を伝えた話#1

関連記事:

伝え方に悩む「死」の話。あなたはどう話しますか?|子どもに死を伝えた話#1

このお話はとあるママ(仮名・ゆりさん)の体験談をもとにしたものです。冒頭…

【全話読める】
子どもに死を伝えた話

原案:andy

イラスト:ちくまサラ

おすすめ記事

「漫画」「育児」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧