1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 初デートの翌日に告白、女子校生の恋を描いた漫画が「まさに青春」だった

初デートの翌日に告白、女子校生の恋を描いた漫画が「まさに青春」だった

学生時代の恋は初々しくて淡いですね。今回ご紹介する漫画は女子校に通っていたかか丸'22(@maru_maru_kazok)さんのお話です。高2の時に美術部の部長に選ばれ、市内の高校と合同で行う美術展の幹事をすることに。美術展の会議のために市内の男子校の生徒が来ると聞き、すでに緊張していました。しかし、この会議をきっかけに、すてきな出会いをすることに。青春を感じられる『絵の具とバレーシューズ』見どころをダイジェストでお伝えします。

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

女子校に男子が…ドキドキの会議

女子校の美術部部長になったかか丸さん。展示会のため市内の高校の美術部が集まって会議をすることになり、かか丸さんの学校に男子校の生徒が来ることに。普段男子と関わる機会がほとんどなかったかか丸さんにとって、男子が来るというだけで一大事だったようです。

しかし、そんなかか丸さんの気持ちとは裏腹に、一斗缶のかりんとうを持ってあいさつに来た男子校の部長。まさかこんな差し入れがあるとは思わず、さぞ驚いたのではないでしょうか。

しかし、この出会いがかか丸さんにとって忘れられない展開を迎えることになるのです。

緊張のあまり逃げてしまった

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

かか丸さんに近づいて話しかけてくる男子部長。かか丸さんは緊張のあまり足が震え、耐えきれなくなり、その場を走って逃げてしまいました。

異性がそばにいるだけで緊張してしまう。まさに思春期な描写に、読者としてキュンとしてしまいました。

かか丸さんのホームページを通してメールアドレスを交換した2人。そうして、2人は初めてのデートの日を迎えます。またもや足が震えているかか丸さん。どんなデートになるのでしょうか?

初デートの翌日、告白をされた

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

©️maru_maru_kazok

初デートでは映画を見て、お互いに共通している好きなこともわかり、一気に距離が縮まります。「部長」という呼び方から「かか丸」「カンちゃん」と呼び合うことに。

そして、デートの翌日も2人は会い、カンちゃんの告白をきっかけに付き合うことになります。自転車に2人乗りするところも、ストレートな告白もまるで少女漫画のような展開ですね。

「短い恋になるかも」と思いながらも、ひかれていく恋。経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

子どもから大人へと階段を登る思春期の恋心が、切なくも愛おしく素敵なイラストで描かれていて、思わず青春の世界にひたってしまう作品です。学生時代のキュンとした気持ちを思い出したい方には特におすすめですよ。

【全部読める】
絵の具とバレエシューズ
デートの日に重い生理痛…自宅を訪れた彼氏の優しさに泣ける漫画

関連記事:

デートの日に重い生理痛…自宅を訪れた彼氏の優しさに泣ける漫画

彼とデートの約束をしていた日、電車で待ち合わせ場所に向かっていたキクチ│…

「恋愛ごっこしてるだけ」友人が私に言い放った正論が心に突き刺さる|それだけで#10、11

関連記事:

「恋愛ごっこしてるだけ」友人が私に言い放った正論が心に突き刺さる|それだ…

彼氏の結城さん以外には思ったことをストレートに言えるのに、結城さんには…

初恋の人が熱い視線を向けるのは、私じゃない。結末が切ない恋愛漫画

関連記事:

初恋の人が熱い視線を向けるのは、私じゃない。結末が切ない恋愛漫画

皆さんは、自分の初恋を覚えていますか?今回紹介するのは、幼少期の初恋と…

かか丸'22(@maru_maru_kazok)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「女子高生」「恋愛」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧