1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 1万円貸したママ友が「またお財布忘れちゃった」信じる?金銭トラブルを描く漫画

1万円貸したママ友が「またお財布忘れちゃった」信じる?金銭トラブルを描く漫画

食事や遊びに行った際、財布を忘れたという相手のお金を建て替えたことはありますか。1度なら「いいよ」と思えても、それが何度も続くと「もしかしてわざと?」と疑ってしまいますよね。お金の問題はシビアなだけに、相手への不信感がつのります。この漫画の作者・ツムママ(@tumutumuo)さんのフォロワーさんが経験したのはママ友との金銭トラブル。『ママ友の財布』をダイジェストで紹介します。

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

初めてのお茶で、代金を建て替えた

主人公・カモ田さんは、夫の転勤の都合で知らない土地に引っ越すことになりました。子どもの幼稚園でもママ友ができず孤独を感じるカモ田さんに話しかけてきたのは、子ども同士が同じクラスのママであるクレ子さん。

クレ子さんに誘われ一緒にお茶に行くことになったカモ田さんでしたが、カフェはカモ田さんの金銭感覚に合わない高額なお店。しかも、クレ子さんは会計時になって「お財布を忘れた」と言い出したのです。

そこで、カモ田さんはお財布を忘れたカモ田さんの分も立て替えることに。

この時点では「たまたま忘れただけだろう」とクレ子さんを疑うことはありませんでした。

ママ友とのお茶代は無駄じゃない、夫と口論に

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

クレ子さんの分も立て替えることになりましたが、まだクレ子さんへの疑問を持っていないカモ田さん。

もともとケチだと思っていた夫にお茶代を夫に無駄と言われ、口論に。浪費家とみられるクレ子さんの言葉に感化されるカモ田さんははっきりとおっろに言い返します。とはいえ、立て替えたお金も夫の稼ぎから出ているため、お金はきちんと返してもらうように夫に釘をさされました。

直後、クレ子さんから「明日お金を返す」という連絡をもらい、ホッと一安心したカモ田さんは、安心して眠りにつきました。

しかし、金銭トラブルはまだスタート地点だったのです。

財布を忘れたのにコンビニに誘導するママ友…まさかわざと?

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

©tumutumuo

翌日、子どもたちを連れて公園に来たクレ子さんとカモ田さん。早速お金を返してもらおうとすると、なんとクレ子さんはまたも財布を忘れたと言うのです。

そのうち子どもたちがのどが渇いたと言い出し、クレ子さんは財布を持っていないのにカモ田さん親子をコンビニへと誘導。カモ田さんはきのうに続いてまたもお金を立て替えることに…。

金額の大小にかかわらず、お金の貸し借りにルーズな人には不安にさせられますよね。しかも、まるでおごらせるかのようなクレ子さんの行動。せっかくできたママ友なので、あまり強く言えないカモ田さんの気持ちもわかりますが、モヤモヤする展開となりました。

ママ友との関係性を考えさせられる『ママ友の財布』。お金を借りることや建て替えてもらうことにルーズな相手に対し「自分ならどうするだろうか」と考えさせられる作品です。2度目の「建て替えて」にあなたならどう答えますか?

ママ友は私のことを「財布」として見ている?|ママ友の財布#1

関連記事:

ママ友は私のことを「財布」として見ている?|ママ友の財布#1

長い人生の中で、友人関係も年代や自分の状況、環境などによって変わってい…

【全話読める】
ママ友の財布
まるでストーカーなママ友を漫画化、詮索された体験談が怖すぎる

関連記事:

まるでストーカーなママ友を漫画化、詮索された体験談が怖すぎる

主人公のアキくんママこと、まるさん(@domarumaru)は児童館でゆかちゃんママ…

ねえ、確信犯でしょ?子どもを他人の家に放置するママ友が信じられない

関連記事:

ねえ、確信犯でしょ?子どもを他人の家に放置するママ友が信じられない

子どもの長期休暇や連休中、家庭によっては、子どもの友人同士で家を行き来…

ツムママ(@tumutumuo)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「ママ友」「金銭トラブル」「幼稚園」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧