1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. パニックになりながらいきみ逃し…でも「もう限界…!」|真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

パニックになりながらいきみ逃し…でも「もう限界…!」|真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

走る車の振動によって陣痛が進んでしまった優花さん。耐えかねた優花さんはシートベルトを外し、車のシートを抱き抱えた状態でいきみを逃すことに…。パニックのさなか感じたのは、赤ちゃんの頭が股にはまっている感覚でした。『真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話』をごらんください。

©ao_ba0524

2人目がスピード出産だったことから、早めの連絡を医師に念押しされていた優花さん。油断してしまったとき陣痛に襲われ、あっという間に痛みの間隔は縮まります。慌てて病院へ向かいますが、車に乗る直前、破水してしまいました。

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

©ao_ba0524

パニックになりながらもいきみを逃していた優花さんでしたが、徐々にいきみたい感覚へと変わってきてしまったようです。頭ではわかっているのに勝手に力が入ってしまい、限界を悟った優花さんは…。

絶え間なく襲う陣痛の波。本能で生まれると感じた私は…|真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

関連記事:

絶え間なく襲う陣痛の波。本能で生まれると感じた私は…|真冬の車内出産、自分…

パニックになりながらもいきみを逃していましたが、ついに限界を迎えた優花…

1話目はこちら

【全話読める】
真冬の車内出産、自分で赤ちゃんを取り上げた話

経産婦の出産は進行が早いことも。早めに病院に連絡を

病院に連絡する目安となる陣痛の間隔は、初産婦で10分間隔、経産婦なら規則的に陣痛がくるようになったときといわれています。経産婦の場合、陣痛開始から出産までの時間が前回の出産の半分程度になるといわれているため、より早めに病院に連絡をする必要があります。

今回の漫画は3人目の出産のケースです。主人公の女性は前駆陣痛と陣痛の区別がつかず、結果として病院につくまで間に合わず車内出産となりました。

前駆陣痛と陣痛の違いは本人にはわからないこともあります。亀田マタニティ・レディースクリニックのホームページには以下のような記載があります。

前駆陣痛か陣痛かは、始まりの段階では分からないことが多いです。経過を見て強くなれば陣痛で、弱くなれば前駆陣痛という判断になります。自分では判断が難しいので、不安であればクリニックに連絡してください。 ※1

前駆陣痛か陣痛か区別がつかないときは、病院に連絡して指示をあおぎましょう。今回の漫画のように、思いがけず病院での出産に間に合わない事態は、本来ならば避けたいところ。大切な赤ちゃんを安全に迎えたいですね。

出典元:
これって陣痛?でも、間隔もバラバラ…|1歳息子と2人きりの自宅出産

関連記事:

これって陣痛?でも、間隔もバラバラ…|1歳息子と2人きりの自宅出産

これはようみん(@mamayoubi)さんのフォロワーさんの出産レポ漫画です。2人目…

強まる陣痛、耐えながらトイレに行くとさらなる事態に|まさかのタクシー出産#2

関連記事:

強まる陣痛、耐えながらトイレに行くとさらなる事態に|まさかのタクシー出産#2

出産前にいくら覚悟していても、いざ陣痛が始まると痛みと不安でつらくなり…

あおば(@ao_ba0524)さんのインスタグラム

「出産」「エピソード」「漫画」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧