ママは専属カメラマン!可愛すぎる赤ちゃん写真アイデア

赤ちゃんが生まれてから写真フォルダがいっぱい!なんてママさんも多いのでは?かわいい瞬間を残せると嬉しいものです。生まれてから◯ヶ月、100日と記念日の多い赤ちゃんの写真を少し工夫して残してみましょう。そんなかわいい写真アイデアをまとめてみました。おうちにあるものや100均グッズでもプチプラでかわいく残せますよ。

PIXTA

可愛い瞬間を残そう!ママは専属フォトグラファー!

赤ちゃんが生まれてからはもちろん妊娠中のマタニティフォトなども最近人気です。今回は生まれてから参考になる記念日フォトのアイデアを集めてみました。

ライター自身も出産前にいろいろ準備して、記念日撮影を行いました。生まれてからはすぐに外出もできないので、時間のある出産前にいろいろ準備しておくのがおすすめです。

1.誕生おめでとう!ニューボーンフォト★

産まれたばかりは本当に小さな赤ちゃん。でもよく寝ている時間も多いので、かわいい寝顔やお手手、あんよなどを撮るチャンスです。

パパ、ママの手などを一緒に写せばとても素敵な写真に仕上がります。

ニューボーン用の衣装などもあるようです。くれぐれも赤ちゃんには無理をさせないようにしましょう。

女の子に人気のマーメイド。こんな写真かわいいですね。赤ちゃんの大きさによってはハーフバースデーまで使えますね。

2.月齢ステッカー★毎月のお誕生日フォトに

今インスタなどで話題の月齢ステッカー。産まれたときから使える赤ちゃんのお洋服に貼るだけの月齢ステッカーです。かわいいステッカーを貼るだけで素敵な写真になります。

今は販売もされてますし、パソコンが得意なママさんはオリジナルを作ってみてもいいかもしれません。毎月撮影することで赤ちゃんの成長もよくわかりますね。

ステッカー

ステッカー1つで写真がポップになります!

購入はこちら

準備するのもバタバタな毎日ですが、これは12か月分あるので、すぐに撮影できますね。毎月のお誕生日が楽しみになります。

3.ママのアイデア満載!寝相アート

寝相アート PIXTA

今や記念写真の定番となりつつある「寝相アート」たくさんあるおむつを使ったものは自宅で簡単にできます。カラフルなタオルやぬいぐるみなども写真のポイントになります。

100均にもガーランドや王冠なども最近では売っているので、ママのアイデアは広がります。10月はハロウィン、12月はクリスマスなど月のテーマを決めてもかわいいです。

ライターも次は何にしようかな?と考えるのが楽しく、「寝相アート」で検索しては他のママたちの写真を参考にしています。

写真のポイントになるガーランド

ガーランド PIXTA

寝相アートにはガーランドがあると華やかになります!

4.100日記念におすすめ 指輪アート

指輪 赤ちゃん PIXTA

最近は100日記念プランなどもあるので、100日記念は写真スタジオでお宮参りも合わせて撮影するファミリーも増えてきています。

おうちで簡単にできるのはこの指輪を0(ゼロ)に見立てて撮った写真。とても素敵なアイデアですね。パパとママの結婚指輪で撮ったら思い出になります。

バンザイしている赤ちゃんの指にそっと指輪をはさみ、あとはアプリなどで加工するだけです。簡単に記念写真になりますね。

5.人気急上昇!ハーフバースデー

ハーフバースデー PIXTA

ママたちは一番最初に気合いを入れて(笑)準備をするというハーフバースデー。

生後6ヶ月になるとおすわりできてくるころなので、自宅の壁紙にたくさん飾りつけができ、撮影もラクになります。

おすわりできるので赤ちゃんの周りに風船を置くなど、アイデアが広がりますね。

赤ちゃん用品店にも様々なハーフバースデーグッズが販売されています。

ハーフバースデー用デコレーション

人気のガーランドもハーフバージョンがあります。もちろんお誕生日でも使えますね。

クラウンも記念日撮影の定番です。年齢パーツがついているので長く使えますね。

6.〈番外編〉はらぺこあおむし足形アートを記念日に

こちらは写真ではないですが、記念日に赤ちゃんの足形で作ったはらぺこあおむしです。

まだまだ小さい赤ちゃんの足を青虫のおなかに見立てたすばらしいアイデアです。

バタバタ動く赤ちゃんの足にインクをつけるだけで一苦労ですが、とてもかわいい絵が出来上がります。

赤ちゃんとの写真は親子で楽しんで!

赤ちゃん 写真 撮影 PIXTA

とても可愛い写真のアイデアいかがでしたか?普通に撮っても可愛い赤ちゃんですが、ちょっとした工夫でとても素敵な写真になります。

おうちにあるものや100均グッズなどを使ってプチプラで記念写真が残せますね。

ついつい真剣になってしまう写真撮影ですが、赤ちゃんのご機嫌を伺いながら楽しんで撮りましょう。

「赤ちゃん」「写真」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!