監修:鈴木さや子 さん

時間を味方につければ意外と簡単?老後資金をコツコツ積み立てる方法

現在のやりくりに加え、子供の教育資金やマイホームの頭金のことで、今は自分たちの老後資金まで考える余裕がない方。または、遠すぎてイメージがわかないという方もいるかもしれません。子供が独立し教育費の負担がなくなった50歳代から集中して老後資金を準備しようとしても、親の介護など予期しないことが起こる可能性があります。定年退職直前にあわてることのないよう、今からでも少しずつ準備を始めて老後に備える方法をファイナンシャルプランナーがアドバイスします。

プレミアム記事

PIXTA

20代でも約半数が「老後が不安」と回答

下の表は、日本生命が年代別に「老後に不安はありますか」と質問をしたアンケート調査の結果です。これによると、20代でも約半数の方が老後に何らかの不安を抱えています。働き盛りの30代から50代は60%以上の方が、老後に不安を抱えていると回答しています。

老後に不安を感じる人の割合 調査データをもとにママリ編集部作成

さらに同じ調査で、老後に何らか不安を抱えている方にその理由を聞くと、1位は「老後資金」で78.4%、2位は「病気、けが」で50.9%、3位は「年金制度の今後」で34.2%、という結果に(複数回答可)。体調面よりもお金の面で不安を抱えている方が多いとイメージできるでしょう。

老後のお金に対する不安を解消するには、「具体的にいくら用意すれば安心なのか」を知ることが大切。老後資金として必要な金額が定まり、目標が明確になるため、漠然とした不安は和らぐはずです。

出典元:

必要な老後資金額の考え方

計算 PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

「老後資金」「積み立て」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!