監修:藤田亨 先生

医師に聞く「妊婦とインフルエンザ」、服薬や予防接種に関するポイント

毎年、秋から冬になると多く聞かれるインフルエンザ流行のニュース。インフルエンザは、誰でもかかる可能性があり、突然の高熱や頭痛、関節痛、倦怠感などの症状が特徴です。手洗いをこまめにしたり、予防接種をしたり、さまざまな対策をすることでインフルエンザにかからないように心がけますが、妊婦であればなおさら感染に注意するよう心がける必要があります。妊婦インフルエンザについて、東京都足立区にある皿沼クリニックの院長である藤田亨(ふじた とおる)先生にお話を伺いました。

プレミアム記事

PIXTA

妊婦のインフルエンザは、早めの対応が大切

藤田先生によると、妊婦がインフルエンザにかかってしまった場合、妊娠していない人に比べてインフルエンザに感染した際に重症化するリスクが高くなるそう。具体的には、妊婦が集中治療室での処置が必要になる確率は、妊娠していない人に比べて10倍になることが分かっています。

インフルエンザの重症化を防ぐには、かかってしまったときにはなるべく早く受診し、適切な治療を受けることが必要です。

胎児に感染する可能性は極めて低い

妊婦 お腹 PIXTA

妊娠中の方がインフルエンザにかかった場合でも、胎児に影響することはないそう。ただし、非常にまれな確率で、インフルエンザウイルスが胎盤を通じて胎児に影響を及ぼしたという報告は存在するようです。

出典元:

妊婦がインフルエンザにかかった場合の治療法

内服 PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

皿沼クリニック 院長

藤田亨 先生

「インフルエンザ」「妊婦」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!