監修:齋木啓子 先生

受診が必要な嘔吐の見極め方は?ホームケアのコツと注意点

赤ちゃんは急に嘔吐することがあります。赤ちゃんの胃袋は吐きやすい形状をしていて、病気ではなくても、少しのきっかけで飲食したものが戻りやすくなっています。しかし、中には感染症などが原因の嘔吐もあり、何度も繰り返し吐いたり、嘔吐以外の症状が見られたりする場合には受診して医師の判断を仰ぐべきでしょう。赤ちゃんの嘔吐に対する対処法と、受診の判断基準、メモしておきたい症状の内容についてお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

赤ちゃんが嘔吐する原因は病気だけではない

赤ちゃんが嘔吐すると病気かもしれないと心配になるかもしれませんが、そうとは限りません。その理由は、赤ちゃん特有の胃の形にあります。

大人の胃は横長の形をしていますが、赤ちゃんの胃は縦にまっすぐになった、とっくりのような形をしています。しかも食道と胃がつながる部分(噴門)の筋肉が未熟で、食べ物が出ていかないように締める力が弱いといわれています。そのため、ちょっとしたことで胃の中身が逆流し、嘔吐してしまうのです。

噴門の周りの筋肉は成長とともに発達し、赤ちゃんが生後3ヶ月を過ぎる頃からは、嘔吐の回数がだんだん減ると考えられています。とはいえ、まだまだ胃の大きさそのものが小さく、少し母乳やミルクを飲みすぎたり、食べすぎたりするだけで嘔吐することがあるでしょう。

出典元:

嘔吐したときのホームケア

ミルク PIXTA

赤ちゃんが嘔吐したとき、ママはあわててしまうかもしれませんが、落ち着いて対処していきましょう。まずは吐いたものでのどを詰まらせないように対処しましょう。横向けに寝かせるか、縦抱きにして、吐いて汚れた口の周りを湿らせたガーゼなどで拭いてあげましょう。

吐いたもののニオイで吐き気が誘発されないように、服が汚れていたら着替えさせ、そのあとは、赤ちゃんの様子を見守りましょう。

授乳後の嘔吐は、吐いた物がのどに詰まらないよう注意

母乳やミルクを飲んだ直後の嘔吐の場合は「溢乳(いつにゅう)」と呼ばれるものかもしれません。溢乳とは、胃の内容物があふれてくるもので、げっぷと一緒に母乳やミルクが出てきたり、口元から垂れるように吐いたりするもので、病気によるものではありません。

しかし、そのあと続けて何度も吐いたり、嘔吐以外の症状が出たりする場合は溢乳ではない可能性もあるでしょう。繰り返し吐かないか、他の症状は出ないか様子を見てください。次に吐いたとき、その吐いた物でのどを詰まらせないよう、上体を少し高くして横向きに寝かせてあげるとよいですよ。しばらくしても吐かず、機嫌がよいようなら心配はないでしょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ふれあいファミリークリニック 院長

齋木啓子 先生

「子供」「ホームケア」「嘔吐」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧