できた経験が成長を生む、3歳で「よい生活習慣」をつける方法

子供が3歳ごろになると、体の使い方やおしゃべりが上手になり親子でのコミュニケーションもグンと楽しくなりますね。そして「そろそろ子供の将来のために役立つことを始めたいな」と考えるママはいるかもしれません。実は、この時期に基本的な生活習慣を身につけておくことで、就学に向けて大切な「学びに向かう力」が伸びることがわかっています。スムーズに就学できるように、今のうちに身につけておきたい生活習慣の内容と伝え方のポイントをお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

学びに向かう力につながる、生活習慣の伝え方

幼稚園でいうと年少クラスにあたる3歳児。3年保育なら集団生活が始まり、自分のことは自分でする、ルールを守るなどの生活習慣を身につけさせたくなるころかと思います。

ベネッセ教育総合研究所が2012年から2015年に行った『幼児期から小学1年生の家庭教育調査』により、3歳児期に身につけた生活習慣が、4歳児の「学びに向かう力」につながることがわかりました。調査結果では、3歳児のうちによい生活習慣を身につけることが、その後の学習への準備を支える上で大切だと述べられています。

出典元:

無理なくできる、7つの生活習慣を身につける方法

3歳 女の子 PIXTA

同調査であがった、3歳のうちに身につけておきたい7つの生活習慣について、具体的な内容と身につけ方をお伝えします。

1:夜、決まった時間に寝られる

毎晩、できるだけ同じ時間に眠ることで生活リズムが整います。よく眠ると朝の目覚めがよく、寝不足よりも気分が安定した状態で1日を始められるでしょう。

また、朝食を食べないと、お昼までに空腹になってしまい、物事に集中できないものです。早起きの習慣がつけば朝の時間に余裕ができ、朝食をしっかりとれるため、午前中を元気に過ごせます。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「教育」「幼児期」「就学」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧