汚れない工夫をすれば掃除は簡単、快適に暮らすための汚れ予防術

ママにとって毎日の掃除は大変な仕事。育児に追われる中では、隅々まできれいにするのは難しいですね。しかし、汚れているのは嫌ですし、手を抜いていると思われるのは嫌だというママはいるでしょう。そのようなときは視点を変えて、汚れない工夫をしてみてはどうでしょうか。汚れない工夫をすると、掃除自体が楽になる上に、家はきれいなため手抜き感なし。家族みんながきれいな家で快適にくらすことができますよ。

プレミアム記事

PIXTA

掃除を頑張らなくてよい、汚れ予防術

さっそく掃除が楽になる汚れ予防術をご紹介します。サッと簡単に実践できるものから、少々手間がかかるけれど、あとで楽になるものまでさまざまな方法があります。

ご家庭の環境や、ママがかけられる時間に応じて、無理なくチャレンジしてみてくださいね。

1.物を減らして、掃除をする場所を減らす

なんとなく置いているマット類。実はしょっちゅう汚れてしまい、かえって掃除の手間になっていませんか。マットの用途を見直して、不要なものを撤去してみてはいかがでしょうか。

例としては、キッチンマットが挙げられます。料理のたびに汚れてしまい、しょっちゅう洗濯をしていませんか?大きくてなかなか乾かないため、洗濯して干す、取り込む手間がかかりますよね。しかし、撤去してしまえば、汚れた時に床をさっと拭くだけで作業はおしまい。

家庭の考え方にはよりますが、思い切って撤去してみると、案外ないほうが楽だったということがあるかもしれませんよ。

2.シンクをコーティングして、日々の掃除を楽に

毎日使うシンクや洗面所は、がんこな汚れがつきやすい箇所かと思います。頻繁に掃除をしないとくすんで見えたり、水あかなどの汚れがついていたりしてなかなか取れませんよね。

しかし、毎日シンクや洗面所をピカピカに保つのは大変。そのようなときは、シンクや洗面所をコーティングしてみる方法があります。コーティングは多少時間がかかり手間もありますが、コーティング後は水をはじき、汚れがこびりつきにくくなるそう。

この手間できれいなシンクや洗面所を保つことができるため、集中して時間を使えるときにチャレンジする価値はあるでしょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「予防」「掃除」「楽」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧