泣ける、感動…!観終ったら子供を抱きしめたくなる!おすすめの家族映画7選~邦画編~

最近、感動の涙を流したのはいつですか?映画を見て思い切り泣くと気分がすっきりし、毎日の小さな幸せに改めて気づけたりしますよね。今回は「家族愛」をテーマに泣けるおすすめの邦画を選んでみました。ちょっとシリアスなものから、気軽に観られるアニメ映画まで幅広く集めたので、気になる作品をみつけたらぜひ鑑賞してみてくださいね。

涙でにじんで画面が見えない!泣ける家族映画7選

邦画の良さは登場人物の心理描写に寄り添いやすいことではないでしょうか。今回は邦画作品の中から、思わず目頭が熱くなる、「家族愛」を扱った映画を集めてみました。

思い切り泣いてすっきりしたいママはぜひチェックしてみてください。

①そして父になる

そして父になる DVDスタンダード・エディション
  • 制作:2013年
  • 監督:是枝裕和
  • 主演:福山雅治

突然、衝撃の事実を突きつけられた夫婦と、ふたりの子供たちの苦悩がひたひたと伝わってきます。特に、クライマックスは涙なしには見られません!

②ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日
  • 制作:2005年
  • 監督:山崎貴
  • 主演:吉岡秀隆

昭和初期の古きよき日本を舞台に、「家族」を描いた心温まる人情ドラマ。血縁はないけれどひとつ屋根の下に住む「家族」間の掛け合いが、笑えて泣けます。

当時の日本が忠実に再現されているので、昭和の雰囲気もたっぷり楽しめます。

③いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション
  • 制作:2004年
  • 監督:土井裕泰
  • 主演:竹内結子

死んだはずの妻が現れ、不思議な共同生活を送るという映画です。まっすぐな家族の愛に、思わず涙がこぼれます。

④うさぎドロップ

うさぎドロップ【Blu-ray】 [ 松山ケンイチ ]
  • 制作:2011年
  • 監督:SABU
  • 主演:松山ケンイチ

不器用だけど心の温かい主人公が、男手ひとつで少女を育てるストーリー。

りんとの時間を作るために仕事のキャリアを諦めたり、電車に乗って遠方の保育園へ預けるのに苦労したりと、働くママのあるあるも満載といえるかもしれません。

⑤永遠の0

永遠の0 DVD通常版 [ 岡田准一 ]
  • 制作:2013年
  • 監督:山崎貴
  • 主演:岡田准一

祖父の歴史を調べる孫の視点にたち、現代と過去を交錯させながら進むストーリーに思わず引き込まれます。

家族がずっと一緒にいられるのが当たり前ではなかった戦時中だからこそ、家族を思うシンプルな思いにじんとさせられます。

⑥映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [ 臼井儀人 ]
  • 制作:2001年
  • 監督:原恵一

アニメ映画ですが、パパやママが共感できるポイントがたくさん詰め込まれたボロボロ泣ける1本。

昔を懐かしむことにとりつかれた大人たちを、子供たちが必至で取り戻そうとする様子に感動します。

⑦マリと子犬の物語

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [ 船越英一郎 ]
  • 制作:2007年
  • 監督:猪股隆一
  • 主演:船越英一郎

新潟県中越地震に実話をもとに映画化された作品です。

地震で無人になった村に取り残されながら、必死でわが子を守る母犬の強さに心が震えます。

さまざまな形の「家族」について考えさせられる

家族

今回取り上げた映画の中の「家族」の形はさまざまでした。血がつながっていなかったり、母親を亡くしていたり、戦争で離れ離れになっていたり…。

でもどんな家族にも共通するのは、お互いを想う無償の愛。家族愛の素晴らしさを改めて実感することうけあいです。ぜひ観てみてくださいね。

家族で一緒にみたい洋画!感動して泣ける、おすすめの人気映画7選

関連記事:

家族で一緒にみたい洋画!感動して泣ける、おすすめの人気映画7選

家事や子育ての忙しさに追われ、家族への感謝を忘れてしまったり、おざなり…

おすすめ記事

「映画」「泣ける」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧