家族で一緒にみたい洋画!感動して泣ける、おすすめの人気映画7選

家事や子育ての忙しさに追われ、家族への感謝を忘れてしまったり、おざなりな態度で接してしまっていませんか?カサついた気持ちを潤すには思い切り泣くのがイチバン!ということで、今回はハンカチ必須の、泣ける家族映画を紹介します。観終わったら、子供や家族を抱きしめてありがとうと言いたくなるはずですよ。

PIXTA

家族愛を感じる…♡感動映画7選

最近感動して泣いたことはありますか?

思い切り泣いて気分をすっきりさせたいというママにおすすめしたいのが、家族愛を感じるヒューマン映画です。

日々の忙しさに追われていると、つい、家族のありがたさや愛情について考える機会が減ってしまいがちですよね。

今回は、家族について考えさせられ、なおかつ泣ける洋画を7つご紹介します♡

①幸せへのキセキ

幸せへのキセキ【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

妻を失った主人公は仕事を辞め、2人の子供ともに郊外へ引っ越します。

引っ越し先はなんと閉鎖中の動物園!

主人公と子供たちが、愛する人の死から立ち直っていくヒューマン・ドラマです。

イギリスのコラムニスト、ベンジャミン・ミーの実体験を基に作られていて、繊細で希望にあふれるストーリーや音楽に癒されることうけあいです♡

  • 制作:2011年
  • 監督:キャメロン・クロウ
  • 主演:マット・デイモン

②I am Sam アイ・アム・サム

知的障害のため、7歳の知能しか持っていない父親のサム。

産後すぐに姿を消してしまった母親に代わり、一人で愛娘ルーシーを育てていました。

しかしルーシーが7歳になる頃、ソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断されてしまい、親子は離れ離れに…。

娘を思う父の愛を強く感じる作品です♡

  • 制作:2001年
  • 監督:ジェシー・ネルソン
  • 主演:トム・ハンクス

③ミセス・ダウト

ミセス・ダウト<特別編> [ ロビン・ウィリアムズ ]

離婚によって子供たちと引き離された父親が、子供と一緒にいたいがために特殊メイクでおばあさんに変身!

ベビーシッターとして潜入しますが…。

ロビン・ウィリアムズ扮する「ダウトファイヤー夫人」のキュートな姿が話題を呼んだコメディ映画。

両親が離婚しても親子の愛はそのまま。

さまざまな家族の形について考えさせられます。

  • 制作:1993年
  • 監督:クリス・コロンバス
  • 主演:ロビン・ウィリアムズ

④ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル [ ニコレッタ・ブラスキ ]

ナチの強制収容所に収監されたある一家。

父親は息子を守るために、ユーモラスで壮大な嘘をつきます。

「イタリアのチャップリン」と呼ばれるベニーニの、ユーモアと哀しみが入り混じった演出が秀逸です。

カンヌ映画祭で審査員グランプリにも輝きました。

  • 制作:1998年
  • 監督:ロベルト・ベニーニ
  • 主演:ロベルト・ベニーニ

⑤ジャック・フロスト

ジャック・フロスト パパは雪だるま/マイケル・キートン

事故で死んでしまった父親のジャックが、雪だるまとなって息子のもとに戻ってきます。

ジャックは、彼のことを雪の精だと思っている息子に、自分が父親であることを分からせようと奔走しますが…。

一見コメディー要素が強そうですが、ハートウォーミングで心温まるファンタジーです。

ラストが特に泣けますよ♡

  • 制作:1998年
  • 監督:トロイ・ミラー
  • 主演:マイケル・キートン

⑥マイ・ライフ

ガン宣告を受け、余命幾許も無い事を知った主人公は、産まれてくる我が子のために自分の姿をビデオに撮って残そうとします。

夫の「遺言作り」を通し、妻と家族の絆を取り戻していく様子を描いた感動映画です。

だんだん弱っていく主人公が、家族への感謝の気持ちに満ちている様子が印象的です。

  • 制作:1993年
  • 監督:ブルース・ジョエル・ルービン
  • 主演:マイケル・キートン

⑦レインマン

レインマン 【Blu-ray】 [ ダスティン・ホフマン ]

自由奔放な青年チャーリーは父の遺産目当てに、重度の自閉症の兄と行動を共にすることに。チャーリーが兄と出会って心を開き、忘れていた愛情を取り戻して行く様子が心暖まります。

「お荷物」だと思っていた兄が、実は困ってる弟を救っていたのではないかと考えると、涙がとまらなくなる作品です。

  • 制作:1988
  • 監督:バリー・レヴィンソン
  • 主演:ダスティン・ホフマン

映画を見て、家族と一緒にいられる幸せを再確認しよう♡

家族 PIXTA

いかがでしたか?

近い存在である家族には、多くのことをを期待してしまったり、感謝ができなかったり、相手の気持ちを考えず反抗してしまったりしますよね。

今回紹介した作品を観おわると、そばにいるのが当たり前になっていた家族の大切さを、改めて実感できると思います♡

「映画」「泣ける」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧